シロバナエンレイソウ  白花延齢草
[別名] ミヤマエンレイソウ 深山延齢草
[中国名] 延龄草 yan ling cao
[学名] Trillium tschonoskii Maxim.
シュロソウ科 Melanthiaceae  エンレイソウ属
三河の植物観察
シロバナエンレイソウの花
シロバナエンレイソウの花
シロバナエンレイソウのピンク
シロバナエンレイソウ
 中国の漢方薬の延齢草である。旧分類ではユリ科に属した。
 茎の先に菱形の先が尖った大きな3枚の葉を輪生する。葉は長さ6~15㎝、幅5~15 ㎝、無柄。葉に接するように花を1個だけつける。花は直径3~4㎝。内花被片3個、外花被片3個で、花柱の先も3つに分かれる。内花被片が白く、咲いてから花が次第にピンク色を帯びることも多い。果実は直径1.5~1.8㎝、黒紫色、無毛。2n=20
 エンレイソウは内花被片が黒紫色。中国には自生しない。
[花期] 5月
[草丈] 20~40㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地の林下
[分布] 在来種 北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国、ブータン、ミャンマー
[撮影] 面ノ木  07.5.12
TOP Back