シラユキゲシ  白雪芥子
[中国名] 血水草 xue shui cao
[英名] snow poppy , Chinese bloodroot
[学名] Eomecon chionantha Hance.
ケシ科 Papaveraceae  シラユキゲシ属
三河の植物観察
シラユキゲシの花
シラユキゲシの花裏
シラユキゲシの葉表
シラユキゲシの葉裏
シラユキゲシ
シラユキゲシ葉柄
 自然に生えたように、湧き水が少しある湿った林縁に小さく群生している。
 中国名の血水草のとおり、茎や花柄などを切ると橙色(紅黄色)の汁が出る。根茎が横に広がる。葉には10~30㎝の長い葉柄があり、根生する。葉は長さ5~26㎝、幅5~20㎝の円形、波状鋸歯縁で、先が少し尖り、基部は深い心形。葉裏は白色を帯び灰緑色。花期に赤味を帯びた花茎を葉より高く伸ばし、茎頂に3~5個の花をつける。花弁は白色、4個つき、長さ1~2.5㎝、幅0.7~1..8㎝。雄しべは多数、葯は黄色。萼片は2個、開花時には落ちてしまう。蒴果は長さ約2㎝の惰円形。
[花期] 4~5月
[草丈] 30~65㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 半日陰で湿った場所
[分布] 帰化種  中国原産
[撮影] 蒲郡市豊岡町 05.4.30
TOP Back