シラスゲ  白菅
[別名] ムシャナルコスゲ
[中国名] 签草 qian cao
[学名] Carex doniana Spreng.
カヤツリグサ科 Cyperaceae  スゲ属
三河の植物観察
シラスゲの小穂
シラスゲの苞の基部
シラスゲの果胞と痩果
シラスゲの痩果拡大
シラスゲ
シラスゲ葉
シラスゲの果胞
 根茎は細長い。全体に緑白色。葉の裏面は特に白い。乾くとより白っぽくなる。葉は柔らかく、折れ曲がりやすい。断面が三角形の茎の先に、細長い小穂を3~4個つけ、普通、垂れ下がる。しかし、垂れ下がらない場合も多い。頂上の小穂は3~6㎝の線形で、雄花。雌花の側小穂は長さ2~6㎝、幅約5㎜の円柱形、長さが短いものだけもある。果胞は長さ約4㎜、嘴は長く、口部は2歯、熟すとやや膨らむ。柱頭は紫褐色、3分岐して長く、宿存する。鱗片は果胞とほぼ同長、先が細長く伸び、縁に鋸歯がある。果実は長さ約1.8㎜の狭倒卵形、3稜がある。
[果期] 4~6月
[草丈] 50~70cm
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地、林内の湿地
[分布] 在来種 北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国、台湾、ネパール、フィリピン
[撮影] 三ヶ根山 11.5.18
TOP Back