シラゲオニササガヤ  白毛鬼笹茅
[英名] Queensland blue grass , slender bluegrass, silky-bluegrass
[学名] Dichanthium sericeum (R.Br.) A.Camus
イネ科  Poaceae  オニササガヤ属
三河の植物観察
シラゲオニササガヤ花序
シラゲオニササガヤ花序拡大
シラゲオニササガヤの対の小穂
シラゲオニササガヤの葉舌
シラゲオニササガヤの果実
シラゲオニササガヤ
シラゲオニササガヤ無梗小穂
シラゲオニササガヤ有梗小穂
シラゲオニササガヤ葉
シラゲオニササガヤ節
 束生し、直立する。草高30~60(30~80)㎝。稈は普通、細い。根がかなり弱く、束は大きくならず、普通、直径(10~15)㎝。茎は基部で密集して枝分かれし、しばしば節でも枝分かれする。茎は平滑、無毛、花序のすぐ下も無毛で、片側に溝がある。節には直立する白毛が環状につく。葉は平らで、長さ8~12(8~15)㎝、幅約2(2~4)㎜、しばしば青色がかった紫色になる。典型的なものは毛がなく、いくつかの品種は毛がある。葉鞘は丸く、茎に接し、節間を覆う。葉舌は膜質、縁は不整に細裂。花序は普通、1~5(2~4)個の柄の無い(柄の短い)直立する総をもつ。小穂は2個が対になる。稔性の無梗の小穂と不稔の有梗の小穂が対になっている。これらはすべて白毛をもち、花序に白い毛があるように見える。
<無梗の小穂> 無梗の小穂は長さ約4㎜、第1苞頴と同長の第2苞頴に包まれている。第1小花は不稔で、長さ約2.5㎜、幅約0.5㎜の白色の膜質の護頴がある。第2小花は両性、護頴は膜質部がなく、長さ約20(25)㎜の芒のみ。芒は上半部が黄色、下半部が暗褐色、捻じれて折れ曲がり、乾くと褐色になる。果実は長さ約1.7㎜の淡褐色。
<有梗の小穂>有梗の小穂は長さ1.4㎜の梗(柄)があり、長さは無梗の小穂とほぼ同じ。第1苞頴は左右から折れ曲がって腹面を覆う。内部に第1苞頴の約1/2長の薄膜があるだけである。
 港に近い道路の歩道のアスファルトの隙間に10株ほど見られた。()内に記載した数値はTropical ForagesのFactsheetsのデータ。
 カモノハシガヤ(Bothriochloa ischaemum)、ヒメオニササガヤ(Dichanthium annulatum)やオニササガヤ(Dichanthium aristatum)は苞頴の上部に長い白毛がない。外観が似ているムラサキヒゲシバは小穂が全く異なる。
[花期] 5~6月
[草丈] 30~80㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 道端
[分布] 帰化種 マレーシア、パプアニューギニア、オーストラリア原産
[撮影] 蒲郡市  11.6.9
TOP Back