シナレンギョウ  支那連翹
[中国名]

金钟花 jin zhong hua

[英名] greenstem forsythia
[学名] Forsythia viridissima Lindl.
モクセイ科 Oleaceae  レンギョウ属
三河の植物観察
シナレンギョウの花序
シナレンギョウの萼
シナレンギョウ葉
シナレンギョウの幹
シナレンギョウ
シナレンギョウ花
シナレンギョウ葉表
シナレンギョウ葉裏
 庭木としてよく植えられており、畑の縁などでも見られる。
 幹は緑黄褐色、円い皮目があり、枝は直立して株立ちになる。萼片を除いて無毛。葉は対生し、長さ3.5~15㎝、幅1~4㎝の長楕円形~披針形、葉先が尖り、葉縁上半部に鋸歯があり、鋸歯のないものもある。雌雄別株。葉の展開と同時に開花する。花冠は直径約2.5㎝、鮮黄色、内部に橙色の線があり、4裂する。筒部の長さ5~6㎜。裂片は長さ6~18㎜、幅約5㎜の狭い楕円形。雌花は雄しべの長さ3~3.5㎜、雌しべの長さ5.5~7㎜。雄花は雄しべの長さ6~7㎜、雌しべの長さ約3㎜。萼片は長さ2~4㎜の広卵形~長惰円形、濃紫褐色、花冠に圧着する。蒴果は長さ1~1.5㎝、幅6~10㎜の卵形。種子は長さ約5㎜。
 チョウセンレンギョウ Forsythia koreana は朝鮮原産。枝が弓なりになり、葉がやや幅広く、上半部に鋭い鋸歯がある。葉の展開前に開花する。萼片は淡色で大きい。
 レンギョウ Forsythia suspensa も中国原産。枝が長く伸びて下垂し、葉は幅が広く、卵形、鋸歯が基部近くまである。葉の展開より前に開花し、花冠の裂片の幅が広い。萼片が長い。
[花期] 3~4月
[樹高] 2~3m
[生活型] 落葉低木
[生育場所] 庭木
[分布] 帰化種 中国原産
[撮影] 幸田町  12.4.2
TOP Back