シモツケ  下野
[別] キシモツケ 木下野
[中国名] 粉花绣线菊 fen hua xiu xian
[英名] Japanese meadowsweet, Japanese spirea
[学名] Spiraea japonica L. fil.
Spiraea japonica L. f. var. japonica
バラ科 Rosaceae  シモツケ属
三河の植物観察
シモツケの蕾
シモツケの花
シモツケの花
シモツケの萼
シモツケの花後
シモツケの果実
シモツケの茎
シモツケ
シモツケの花序
シモツケ種子
シモツケの葉表
シモツケの葉裏
 和名の由来は下野の国(栃木県)に多いことから。Spiraea japonica は変種が多い。 var. japonica は日本、朝鮮に分布し、中国などで栽培されている。三河地方でもよく庭に植えられているが、自生と思われるものもある。
 幹は暗褐色、樹皮が縦に裂ける。葉は互生し、葉柄は短い。葉身は長さ3~8㎝、幅2~4㎝の狭卵形~卵形。葉先は尖り、基部は楔形~円形、縁には重鋸歯があり、葉の基部には鋸歯がない。葉裏は淡緑色~粉白色、有毛~無毛。枝の先の花序に良い香のする花を多数、密につける。花序は複散房形、直径4~14㎝。小花柄は長さ4~6㎜。花は直径3~6㎜。花弁は5個、淡紅色~紅色。雄しべは25~30個。雌しべ5個。萼片は5個、長さ1.5~2㎜の三角形、内面に縮れた短毛がある。果実は袋果、5個集まった集合果、熟すと上側が裂開する。種子は1個ずつ入り、長さ1.3~1.9㎜。2n=18
 シモツケソウ Filipendula multijuga は草本であり、葉が掌状の奇数羽状複葉、5~10裂する。花弁4個。
 イワシモツケ Spiraea nipponica は蛇紋岩の岩場で見られる絶滅危惧種。葉が小さく、先が円く、花が白色。
[花期] 5~9月
[樹高] 20~100㎝
[生活型] 落葉低木
[生育場所] 林下、林緑、草原の日当たりのよい場所
[分布] 在来種 本州、四国、九州、朝鮮
[撮影] 新城市  15.6.2(花)
       12.11.28(果実、種子)
TOP Back