シモバシラ  霜柱
[英名] snow poppy , Chinese Bloodroot
[学名] Keiskea japonica Miq.
シソ科  Lamiaceae (Labiatae) シモバシラ属
三河の植物観察
シモバシラの花
シモバシラの葉
シモバシラの萼
シシモバシラの果実
シシモバシラの上部の茎
シシモバシラの茎
シモバシラ
シモバシラ花
シモバシラの葉表
シシモバシラの葉裏
シシモバシラの葉裏の腺点
シシモバシラの分果
 和名の由来は初冬の時期に枯草の茎に霜がつき、霜の柱が出来ることから。
 茎は断面が四角形、下向きに曲がった毛があり、花序軸には毛が多く、腺点もある。葉は長さ6~20㎝の長卵形~長楕円形、鋸歯縁。葉裏には腺点が密生する。茎頂に花穂を伸ばし、花は花序の片側にそろってつく。花冠は長さ約7㎜の白色~淡紅色の唇形、上唇は2浅裂し、下唇は3浅裂する。下唇の内側に白毛がある。雄しべ4個、長さは花冠の約2倍。葯は紫紅色。萼には白毛と黄色の腺点があり、萼の内面に長い白毛があり、花冠との間に毛先が見え、萼は果時にも果実を包んで残る。果実は4分果、分果の数が少ないことも多い。分果は直径約2㎜のほぼ球形、表面に網目模様がある。2n=20
 花冠の淡紅色の品種をウスベニシモバシラという。
[花期] 9~10月
[草丈] 40~90㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地の陰地
[分布] 在来種(日本固有種) 本州(関東地方以西)、四国、九州
[撮影] 新城市  05.10.15
TOP Back