シジミバナ  蜆花
[別名] コゴメバナ、ハゼバナ
[中国名] 李叶绣线菊 li ye xiu xian ju
[英名] bridal wreath spirea , bridalwreath
[学名] Spiraea prunifolia Siebold et Zucc.
バラ科 Rosaceae  シモツケ属
三河の植物観察
シジミバナ花序
シジミバナ花序2
シジミバナの花
シジミバナの花床筒
シジミバナの萼
シジミバナ幹
シジミバナ
シジミバナ葉
シジミバナ葉2
 枝は上向きに出て、アーチ状になる。小枝は赤褐色、古くなると灰褐色~黒褐色に変わり、細く、わずかに角があり、初め、短毛があり、次第にほぼ無毛になる。蕾は卵形、少数の鱗片があり、無毛、先はやや鈍形~やや鋭形。葉は互生し、葉柄は長さ2~4㎜、短毛がある。葉身は卵形~長楕円状披針形、長さ1.5~3㎝、幅0.7~1.4㎝、初め両面とも短毛があり、後に表面がほぼ無毛又は完全に無毛になり、羽状脈。葉の基部は楔形、葉縁は基部又は中部から先まで小さな鋭い鋸歯がある。秋の落葉時には赤色~橙色~黄色に紅葉する。散形花序(散房花序であるともいわれる)は無柄、長さ2~3㎝、幅1.5~3㎝、3~6個の花をつけ、基部にいくつかの葉を束生する。花柄は長さ10~24㎜、短毛がある。苞は葉状、長さ4~7㎜、幅3~5㎜、両面に微軟毛があり、最後にはほぼ無毛になり、先に不明瞭な小さな鋸歯がある。花は白色、2重弁(野生種は1重)、直径1~1.2㎝。花床筒は鐘形、萼片より短く、外面に短毛がある。萼片は三角形~卵状三角形、長さ1.5~2㎜、花弁より短く、先は鋭形。花弁は白色、倒卵形~類円形、萼片より長く、無毛。袋果は無毛又は外面の縫合線に沿って短毛がある。
 ヒトエノシジミバナvar. simpliciflora 中国原産の野生種。2重弁の栽培種が先に植物学的に命名されたため、野生種の1重花が変種とされている。花が直径1㎝以下、花弁5個、白色。
[花期] 4~5月
[草丈] 1~3m
[生活型] 落葉低木
[生育場所] 栽培種
[分布] 栽培種 中国原産
[撮影] 豊橋市 16.4.5
TOP Back