シデシャジン  四手沙参
[中国名] 牧根草 mu gen cao
[学名] Asyneuma japonicum (Miq.) Briquet.
キキョウ科 Campanulaceae  シデシャジン属
三河の植物観察
シデシャジン蕾
シデシャジン雌性期の花
シデシャジン雄性期の花
シデシャジン雄しべ
シデシャジン
シデシャジン葉
 和名の由来は神社のしめ縄や玉串などにつける白い紙(四手)のように花が細く裂けることから。
 全体にまばらに毛が生え、切ると白い乳液が出る。葉は互生し、卵形~長楕円形、先が尖り、基部は楔形。葉縁に不定の鋸歯がある。茎の下部の葉には長い葉柄がある。穂状花序に多数の花をつける。花冠は青紫色、5全裂し、裂片は長さ10~15㎜の線形、不定に曲がる。蕾は棍棒状であり、萼片5個も線形。雄しべ5個。花糸は幅広く、写真の花の中心で膨らんで見える青紫色の部分で、分泌された蜜がたまる。葯は白色の細い紐状。雄しべ先熟。雄性期には雌しべの先は紫色を帯び、閉じている。花柱は雄しべの間から長く突き出し、雌性期に柱頭は3裂する。蒴果は幅約5㎜の扁球形。2n=28
[花期] 7~9月
[草丈] 50~100㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地の林縁、草原
[分布] 在来種 北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国、ロシア
[撮影] 伊吹山  02.8.2
TOP Back