シブカワニンジン  渋川人参
[学名] Codonopsis lanceolata (Siebold et Zucc.) Trautv. var. omurae T.Koyama
キキョウ科 Campanulaceae  ツルニンジン属
三河の植物観察
シブカワニンジン花3
シブカワニンジン花横
シブカワニンジン花
シブカワニンジン花後
シブカワニンジン葉裏2
シブカワニンジン
シブカワニンジン春の葉
シブカワニンジン葉裏
 蛇紋岩地帯に生える変種。葉が著しく細く、葉裏に白毛が密生し、花はよく似ている。
 ツルニンジンは全体に無毛又はわずかに毛がある。蔓は断面がほぼ円形、長さ1m以上になる。根は紡錘状に太くなり、長さ10~20㎝、幅1~6㎝。 主茎の葉は互生し、長さ8~14㎜、幅3~7㎜。枝の先の葉は2~4個、輪生し、長さ3~12㎝、幅1.3~5.5㎝の卵形~狭卵形~惰円形、脈が明瞭、鋭頭~鈍頭、両面とも無毛、まれに葉裏に白毛のあるものがある。葉柄は長さ1~5㎜。花柄は長さ1~9㎝、花は枝先に単生又は双生し、長さ2~4㎝、直径2~3.5 ㎝、花冠の先が浅く5裂し、花冠の基部に小さな5個の距がある。萼は先が深く5裂し、裂片は開出し、長さ1~3㎝、幅0.5~1㎝。 蒴果は直径1.6~3.5㎝、種子が多数入る。種子は淡褐色、大きな翼があり、翼も含めた長さ約5㎜。2n=16
 バアソブは葉の裏と縁に白毛が多く、花の直径が2~2.5㎝と小型。種子が黒褐色で、翼がない。
[花期] 9~10月
[草丈] つる性
[生活型] 多年草
[生育場所] 蛇紋岩地帯の林縁
[分布] 在来種(日本固有変種) 静岡県、愛知県、三重県
[撮影] 浜松市北区引佐町渋川  15.9.22
TOP Back