シバハギ  芝萩
[別名] クサハギ、タチゲシバハギ
[中国名]

假地豆 jia di dou

[英名] Asian tick trefoil
[学名] Desmodium heterocarpon (L.) DC.
マメ科  Fabaceae ヌスビトハギ属
三河の植物観察
シバハギの花序
シバハギの花
シバハギの花と萼
シバハギの葉裏
シバハギ
シバハギの葉
 マメ科ハギ属に似ているが、ヌスビトハギ属であり、花が小さく、果実が節果。
 低木~亜低木。直立又は平伏、高さ30~150㎝、基部で多数、分枝する。葉は3小葉、葉柄は長さ1~2㎝、わずかに短毛がある。頂小葉の葉身は楕円形~狭楕円形~広倒卵形、長さ2.5~6㎝、幅1.3~3㎝。葉裏は白色の伏毛があり、葉表は無毛。葉の基部は鈍形、葉先は円形~鈍形~凹形~微突形。総状花序は頂生又は腋生、長さ2.5~7㎝、花軸には白色の長いかぎ状毛又は黄色や白色の伏した直毛がある。花序の花は密生する。花柄は長さ3~4㎜。萼は長さ1.5~2㎜、4裂し、裂片は先にわずかに2歯がある。花冠は紫色~紫赤色、又は白色、長さ約5㎜。旗弁は倒卵状長楕円形、短く、爪状。翼弁は倒卵形、明瞭、爪状。竜骨弁は極端に曲がり、先は鈍形。果序は豆果が密生する。豆果は直立し、狭長楕円形、長さ1.2~2㎝、幅2.5~3㎜、上部の縫合は浅く波打ち、両側の縫合にかぎ状毛があり、5~8個の四角形の小節果に分かれる。
[花期] 7~10月
[樹高] 30~150㎝
[生活型] 常緑低木、亜低木
[生育場所] 草地、斜面、水辺、茂み、林内
[分布] 在来種 本州(静岡県以西)、四国、九州、沖縄、中国、台湾、インド、ネパール、ブータン、スリランカ、タイ、カンボジア、ベトナム、インドネシア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、アフリカ(タンザニア)、オーストラリア、太平洋諸島
[撮影] 豊川市   16.8.26
TOP Back