シュロガヤツリ  棕櫚蚊帳釣
[中国名] 野生风车草 ye sheng feng che cao
[英名] umbrella papyrus, umbrella sedge, umbrella palm
[学名] Cyperus alternifolius L.
カヤツリグサ科  Cyperaceae  カヤツリグサ属
三河の植物観察
シュロガヤツリ花序の一部
シュロガヤツリ花序枝の基部
シュロガヤツリ小穂
シュロガヤツリの果実
シュロガヤツリ
シュロガヤツリ花序枝
シュロガヤツリ小穂
 栽培品が逸出したものが見られる。
 根茎は短く横に這い、節ごとに3稜形の茎を出す。茎下部の葉は鞘があるだけで葉身がほとんどない。茎頂に長さ10~15㎝、幅2~10㎜の大きな苞葉が多数、輪生状につき、傘を広げたように見える。花序枝は長さ5~7㎝で、多数、複生する。花序枝の基部に膜状の鞘がある。小穂は変化が多く、長さ3~8㎜、幅1~2㎜の長楕円形~披針形、白緑色~わら色。鱗片は長さ1.5~1.8㎜の披針形、中肋が緑色。果実は長さ0.8~0.9㎜、やや白色を帯びた褐色。柱頭は3岐。2n=32
[花期] 7~9月
[草丈] 50~200㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 河川の岸辺、湿気のある草地、道端
[分布] 帰化種  マダガスカル原産
[撮影] 西尾市  11.6.27
TOP Back