ショウキズイセン  鍾馗水仙
[別名] ショウキラン(鍾馗蘭)
[中国名] 忽地笑 hu di xiao
[英名] golden spider lily , yellow spider lily
[学名] Lycoris aurea (L'Her.) Herb.
Lycoris traubii W.Hayw.
ヒガンバナ科 Amaryllidaceae  ヒガンバナ属
三河の植物観察
ショウキズイセンの蕾
ショウキズイセンの花
ショウキズイセンの花柄
ショウキズイセン
 日本、台湾のショウキズイセンをLycoris traubiiに分ける説もある。ショウキランともいわれるが、ショウキランはラン科のYoania japonica Maximの和名である。
 鱗茎は卵形、直径約5㎝。葉は秋に生じ、剣形(広線形)、約長さ60㎝×幅1.7~2.5㎝、中脈は淡色、基部と先は次第に幅が狭くなる。花茎は長さ(30~60)約60㎝。総苞は2個、披針形、約長さ3.5㎝×幅0.8㎝。花被は黄色、筒部は長さ1.2~1.5㎝。裂片は強く、反り返り、外面には淡緑色の中脈があり、倒披針形、約長さ6㎝×幅0.4~1㎝、縁は強く、波打つ。雄しべはわずかに又は長く突き出し、長さ7~12㎝。花糸は黄色。花柱は先がローズレッド色。蒴果は3角(かど)があり、胞背裂開。種子は少数、黒色、類球形、直径約7㎜。花期は(8~)9~10(~11)月。2n=12~16(FOC)。2n=12,13,14(日本)
品種) 'Golden Giant' , 'Guizhou' , 'Yananone Gold'
[花期] (8~)9~10(~11)月
[草丈] 30~60㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 草地、林縁、栽培種
[分布] 在来種 日本(九州~南西諸島)、中国、台湾、インド、パキスタン、インドネシア、ラオス、ミャンマー、タイ、ベトナム原産
[撮影] 浜松市  18.8.30
TOP Back