セツブンソウ  節分草
[学名] Shibateranthis pinnatifida (Maxim.) Satake et Okuyama
キンポウゲ科 Ranunculaceae セツブンソウ属
三河の植物観察
セツブンソウの花
セツブンソウの雄しべ、雌しべ
セツブンソウの花横
セツブンソウの葉
セツブンソウの果実2
セツブンソウの裂開した袋果
セツブンソウ
セツブンソウ2
セツブンソウ果実
セツブンソウ種子
 名前の由来は節分の頃咲くことによる。球形の塊根がある。茎は直立し、先端の総苞葉の中心から花茎を伸ばし、花茎の先に直径約2㎝の花を1個付ける。白色の花弁のように見えるのは萼片であり、普通、5個、稀に6個や多数のものもある。花弁は退化して、2個の対になった黄色の蜜腺が5~10対ある。雄しべは多数、葯は青色。雌しべは2~6個、花柱は紫色。果実は2~6個の袋果が放射状につき、袋果は長さ約1㎝、種子は袋に数個、全体で5~15個程度入る。種子は卵形~球形、長さ2.5~2.8㎜、黄褐色~茶色。
[花期] 2~3月
[草丈] 8~14㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 半日陰
[分布] 在来種(日本固有種)  本州(関東地方以西)、四国、九州、沖縄
[撮影] 新城市(旧鳳来町) 白雲禅寺 07.1.23
TOP Back