セイコノヨシ  西湖の葦
[別名] セイタカヨシ
[中国名] 卡开芦 ka kai lu
[英名] tall reed
[学名] Phragmites karka (Retz.) Trinius.
イネ科 Poaceae  ヨシ属
三河の植物観察
セイコノヨシの穂
セイコノヨシの葉
セイコノヨシの茎の節
セイコノヨシの茎の断面
セイコノヨシ
セイコノヨシ小穂
 和名の由来は中国の西湖に生える葦という意から。別名はセイタカヨシといい、ダンチクと並び草本では草丈が最も高くなる種である。
 根茎は地中を長く這って広がる。茎は直径1~2㎝の円筒、中空、節はあまり盛り上がらない。葉は互生し、長さ40~70㎝、幅2~4㎝で、斜上し、ヨシのように先が垂れ下がらない。葉舌は長さ約1㎜の毛状。葉鞘は無毛、平滑。花序は長さ30~70㎝、アシの2倍近くになる。小穂は密に花序につき、初期に紫色を帯び、灰褐色、長さ6~8㎜、4~5個の小花からなる。第1苞頴は長さ約3㎜の披針形。第2苞頴は長さ約4㎜、広披針形。小花の基部の小軸には長い白毛がある。護頴は苞頴と同質、同色、第1小花の護頴と第2小花の護頴は大きく長さ約7㎜、上部の小花の護頴は小さい。
[花期] 8~10月
[草丈] 4~6m
[生活型] 多年草
[生育場所] 海岸や川岸の砂地
[分布] 在来種 本州(関東地方以西)、四国、九州、沖縄、中国、台湾、東南アジア、アフリカ、オーストラリア北部
[撮影] 一色町   00.10.13
TOP Back