サンシキスミレ  三色菫
[中国名] 三色堇 san se jin
[英名] wild pansy、wild violet
[学名] Viola tricolor L.
スミレ科 Violaceae  スミレ属
三河の植物観察
サンシキスミレの花
サンシキスミレの花裏
サンシキスミレの距
サンシキスミレの果実
サンシキスミレの托葉
サンシキスミレ
サンシキスミレ種子
サンシキスミレ葉
 ヨーロッパ原産のViola tricolor をサンシキスミレ(三色菫)といい、その園芸種がビオラと呼ばれている。種子でもよく発芽し、民家周辺で逸出が見られる。
 葉は互生し、有柄、茎上部の葉は長楕円形、鈍鋸歯縁、下部の葉は小型で卵形。托葉は大きく、羽状に深裂する。花は直径1.5~2㎝、上弁2個は濃紫色、側弁は白色、唇弁は黄色の三色になる。距は短い。萼片の付属体は大きい。果実は長さ約1㎝の卵形の蒴果、熟すと上向きになり、3裂する。種子は長さ約1.5㎜、種沈(caruncle)がつく。2n=26
 パンジー Viola X wittrockiana はサンシキスミレとViola luteaやViola altaicaなど他のスミレ属との交配から生まれ、非常に多くの種類があり、園芸種として親しまれている。
[花期] 3~5月
[草丈] 10~30㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 日当たりの良い道端、空地
[分布] 帰化種 ヨーロッパ原産
[撮影] 幸田町 12.5.15
TOP Back