サフランモドキ  サフラン擬き
[中国名] 韭莲 jiu lian
[英名] rozepink zephyrilly , rain lily
[学名] Zephyranthes carinata Herb.
Zephyranthes grandiflora Lindl.
ヒガンバナ科 Amaryllidaceae  タマスダレ属
三河の植物観察
サフランモドキ花横
サフランモドキ花
サフランモドキ雌しべ、雄しべ
サフランモドキ
サフランモドキ葉
 江戸時代に鑑賞用として導入され、サフランと呼ばれていたが、後にハーブの本物のサフラン(Crocus sativus)が導入されてからサフランモドキと呼ばれるようになった。鑑賞用に栽培されたものが人家周辺などに逸出している。
 鱗茎は直径2~3㎝。葉は叢生し、長さ15~30㎝、幅6~8㎜、やや多肉質。花は直径約6㎝、鮮やかな桃色。花披片は6個。雄しべ6個。雌しべ1個、柱頭は3~5分岐。
[花期] 6~8月
[草丈] 15~30㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 道端、荒地
[分布] 帰化種 メキシコ原産
[撮影] 蒲郡市  09.6.25
TOP Back