サボンソウ    
[別名] シャボンソウ、セッケンソウ(石鹸草)
[中国名] 肥皂草 fei zao cao
[英名] bouncing-bet , common soapwort , soapwort
[学名] Saponaria officinalis L.
ナデシコ科 Caryophyllaceae   サボンソウ属
三河の植物観察
サボンソウの蕾
サボンソウの花
サボンソウの咢
サボンソウの茎
サボンソウ
サボンソウ花序
サボンソウ葉
 サボンソウはナデシコ科サボンソウ属の栽培種。根、葉、茎、花など全体にサポニンを含み、昔、ヨーロッパでは洗濯に使われた。日本には明治時代に渡来し、シャボンソウともいわれる。写真は八重花。
   多年草、高さ30~70㎝。軸の根は丈夫。根茎は細く、多数、分枝する。茎は1本又は分枝し、普通、無毛。葉は卵形~卵状披針形、長さ5~10㎝×幅2~4㎝、3又は5脈があり、基部は漸尖形、わずかに合着し、半抱茎、先は鋭形。花序は密穂花序、小集散花序、花が3~7個つく。苞は披針形、縁と中脈にまばらに微細剛毛があり、先は尖鋭形。花柄は長さ3~8㎜、まばらに短毛がある。花は大きい。咢は緑色、ときに暗紫色、筒形、長さ1.8~2㎝×幅2.5~3.5㎜、不明瞭な20脈がある。咢歯は広卵形、先は鋭形。花弁の拡大部は白色又はピンク色、楔状倒卵形、長さ1~1.5㎝、先は凹形、副花冠の鱗片は線形。子房柄(gynophore)は長さ約1㎜。雄しべと花柱は突き出る。蒴果は円筒状卵形、長さ約1.5㎝。種子は黒褐色、球状腎形、わずかに扁平、長さ1.8~2㎜、いぼがある。花期は6~9月。2n = 30。
品種) 'Alba' ,  'Alba Plena' (d) ,  'Betty Arnold' (d) ,  'Dazzler' (v) ,  'Flore Pleno' (d) ,  'Graciella Pink' ,  'Red Splash' ,  'Rosea Plena' (d) ,  'Rubra Plena' (d) ,  'Taff's Dazzler' (v) ,  'Variegata'
[花期] 6~9月
[草高] 30~70㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 栽培種
[分布] 外来種  中ヨーロッパ、西アジア原産
[撮影] 浜松市  19.7.12

  サボンソウ属

  family Caryophyllaceae - genus Saponaria

 1年草又は多年草。茎は1本、直立する。葉は披針形、楕円形、又はへら形、3~5脈がある。花序は集散花序、円錐花序又は頭状花序。咢は円筒形、15~25脈があり、膜質ではなく、脈の間に5歯がある、花弁は5個、赤色又は白色、縁は全縁、凹形、又は2裂、爪部は長く、狭い。副花冠の鱗片が普通、ある。雄蕊は10本。子房は1室。花柱は2本。雌雄しべ柄(androgynophore)は短い。蒴果は円筒形又は卵形、皮殻質、裂開し、4歯をもつ。種子は腎形、いぼがあるかまたは条線がある。胚は環状。
 世界に約30種があり、温帯のアジアとヨーロッパに分布し、主に地中海沿岸地域にある。


  サボンソウ属の主な種と園芸品種

 1  Saponaria ocymoides L.  ヒメサボンソウ 
   synonym Alpinia nakaiana Tuyama
 ヨーロッパ原産。英名はrock soapwort , tumbling-Ted。
 多年草、冬に葉のあるシュートを出す。茎は這い、平伏又は斜上し、多数、分枝し、長さ5~25㎝。葉柄は翼がなく、長さ(0.1~)0.5~1(~3)㎝。葉身は1脈、へら形~卵状披針形、長さ0.6~2.5㎝×幅0.3~1.4㎝。集散花序は広がり、緩い。花柄は長さ2~6㎜。花はときに八重。咢は普通、紫色、 割れず、長さ7~12㎜、腺毛がある。花弁は赤色~ピンク色~白色、拡大部は長さ8~15㎜。蒴果は長さ6~8㎜。種子は幅1.6~2㎜。 2n = 28 (Europe).。花期は夏。
品種) 'Alba' ,  'Rosea' ,  'Rubra Compacta' ,  'Snow Tip' ,  'Splendens' ,  'Splendens' ,  'Splendidissima' ,  'Variegata'

 2  Saponaria officinalis L.  サボンソウ 
 ヨーロッパ、西アジア原産。中国名は肥皂草 fei zao cao。英名はbouncing-bet , common soapwort , soapwort。
 多年草、高さ30~70㎝。軸の根は丈夫。根茎は細く、多数、分枝する。茎は1本又は分枝し、普通、無毛。葉は卵形~卵状披針形、長さ5~10㎝×幅2~4㎝、3又は5脈があり、基部は漸尖形、わずかに合着し、半抱茎、先は鋭形。花序は密穂花序、小集散花序、花が3~7個つく。苞は披針形、縁と中脈にまばらに微細剛毛があり、先は尖鋭形。花柄は長さ3~8㎜、まばらに短毛がある。花は大きい。咢は緑色、ときに暗紫色、筒形、長さ1.8~2㎝×幅2.5~3.5㎜、不明瞭な20脈がある。咢歯は広卵形、先は鋭形。花弁の拡大部は白色又はピンク色、楔状倒卵形、長さ1~1.5㎝、先は凹形、副花冠の鱗片は線形。子房柄(gynophore)は長さ約1㎜。雄しべと花柱は突き出る。蒴果は円筒状卵形、長さ約1.5㎝。種子は黒褐色、球状腎形、わずかに扁平、長さ1.8~2㎜、いぼがある。花期は6~9月。2n = 30。
品種) 'Alba' ,  'Alba Plena' (d) ,  'Betty Arnold' (d) ,  'Dazzler' (v) ,  'Flore Pleno' (d) ,  'Graciella Pink' ,  'Red Splash' ,  'Rosea Plena' (d) ,  'Rubra Plena' (d) ,  'Taff's Dazzler' (v) ,  'Variegata'

 3  ハイブリッド
(1) Saponaria × lempergii
品種) 'Fritz Lemperg' , 'Max Frei'
(2) その他
品種) 'Bressingham' ,  'Lilac Double' ,  'Oliviana' ,  'Rosenteppich'


 参考

1) Flora of China
  Saponaria
 http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=2&taxon_id=129161
2) Flora of North America
 Saponaria
 http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=1&taxon_id=129161
3) GRIN
 Saponaria
 http://www.tn-grin.nat.tn/gringlobal/taxonomygenus.aspx?id=10709

TOP Back