ロシアンセージ
[別名] サマーラベンダー
[中国名] 滨藜叶分药花 bin li ye fen yao hua
[英名] Russian-sage
[学名] Perovskia atriplicifolia Bentham
Perovskia hybrida
シソ科 Lamiaceae  ペロフスキア属
三河の植物観察
ロシアンセージ花序2
ロシアンセージの花
ロシアンセージの葉
ロシアンセージの茎2
ロシアンセージの茎
ロシアンセージ
ロシアンセージ咢
ロシアンセージ花序
ロシアンセージの葉表
 ロシアンセージはシソ科ペロフスキア属の栽培種、Perovskia atriplicifolia系の品種とそのハイブリッド品種を総称する。全体に白毛があり、灰緑色、芳香がある。
 茎は高さ50~100㎝、基部から分枝し、密に星状毛と黄色の腺がある。葉柄は長さ4~6㎜。葉身は線状披針形、長さ4~5(~6)㎝×幅4~9㎜、 基部は楔形、1回羽状深裂し、裂片は長円形~卵形、長さ2~4㎜×幅1~1.5㎜、まばらに星状毛があり、密に黄色の腺があり、先は鈍形。輪散花序は緩い総状花序又は円錐花序を形成し、長さ10~15㎝になる。花序の葉は線形、長さ0.8~1.7㎝×幅0.8~3㎜。苞は紫色(violet) 、卵形~楕円形、約長さ0.7㎜×幅 0.4㎜、脱落性、膜質、白色の縁毛がある。花柄は 長さ1~1.5㎜、密に毛があり、広がる~垂れ下がる。咢は長さ 5~6㎜×幅1.5~2.5㎜、基部は紫色、密に白色又は紫色の粗毛があり、黄色の腺があり、縁毛があり、先はまばらに毛があるか類無毛、咢筒は長さ4~5㎜×幅1.5~2㎜。上唇は約長さ1㎜×幅2㎜、不明瞭な3小歯がある。下唇は上唇の長さとほぼ等しい。花冠は青色、 長さ約1㎝、無毛、まばらに腺がある。花冠筒部は長さ5~6㎜×幅約2 ㎜。上唇は長さ3~3.5㎜×幅4~4.5㎜、暗紫色の条線がある。花冠裂片は楕円形~卵形、中裂片は約長さ1.5㎜×幅1㎜、側裂片は約長さ1㎜×幅1.5㎜。下唇は長円状楕円形、約長さ3㎜×幅1㎜、全縁、先は鈍形。小堅果は約長さ2㎜×幅1㎜、鈍形。花期は6~7(~10)月。果期は7~8月。
[花期] 6~7(~10)月
[高さ] 50~100(~150)㎝
[生活型] 低木又は多年草
[生育場所] 栽培種
[分布] 外来種  中国、アフガニスタン、イラン、パキスタン原産
[撮影] 浜松市 19.8.1

 ペロフスキア属

  family  Lamiaceae -  genus  Perovskia

 多年草又は低木、無毛又は星状毛があり、まばらに、黄金色の腺がある。葉は全渕又は羽状分裂する。輪散花序は花が2~4(~6)個つき、円錐花序になる。花は花柄が無~短い花柄がある。咢は筒状鐘形、8脈があり、果時に大きくなり、密に毛があり又はときに、星状毛があり、2唇形。上唇は±全縁~不明瞭な3歯がある。下唇は2歯。花冠は紫色、ローズ色、または帯黄色、まれに、白色、咢の長さの約2倍、漏斗形、内側に不完全な毛の輪が無く又は有る。拡大部は2唇形、広がる。上唇は4裂し、裂片は不等長、中間の2裂片は小さい。下側の唇は楕円状卵形、全縁。雄しべは4本、前の2本は稔性、突き出し、花冠ののど部につく。後ろの2本は不稔、未発達。葯室は2個、線形、平行、葯隔は小さい。花柱は突き出し、先が2裂、裂片は広く、平ら。花盤は輪状又は前部が指状。小堅果は褐色、倒卵形、鈍形、無毛。
 世界に約7種があり、アジアに分布する。


 ペロフスキア属の主な種と園芸品種

 1  Perovskia abrotanoides Kar. ペロブスキア・アブロタノイデス
   synonym Salvia abrotanoides (Kar.) Sytsma [GRIN]
 中国、アフガニスタン、タジキスタン、トルクメニスタン、イラン原産。中国名は分药花 fen yao hua 英名はfen yao hua 。GRINではSalvia abrotanoidesを採用し、Perovskia abrotanoidesを basynonym としている。
 多年草、茎は高さ約1(~1.5)m、基部は木質、直径約5㎜、密に白色の単純毛と分岐毛があり、まばらに黄金色の腺がある。葉柄は長さ5~8㎜。葉身は卵状長円形、長さ4~7㎝×幅2.5㎝、2回羽状深裂する。裂片は長円形~長円状線形、長さ2~4㎜×幅0.5~1.4㎜、無毛又はときにまばらに毛があり、密に黄金色の腺があり、先は鈍形。輪散花序は長さ27~40㎝、緩い円錐花序になる。花序の葉は長さ8~30㎜×幅3~8㎜。苞は披針状線形、長さ1~1.5㎜×幅約0.5㎜、軟毛があり、先は鋭形。花柄は長さ約0.5㎜、有毛、広がり、花後に垂れ下がる。咢は長さ約4.5㎜、紫色、基部に白色又は紫色の軟毛が密にあり、腺があり、先はまばらに毛があるか又は類無毛。咢筒は長さ4㎜×幅1.5~2㎜。上唇は短く、± 全縁~3小歯があり、約長さ1㎜×幅2㎜。 下唇は上唇の長さと同長、縁に密に繊毛がある。花冠はローズ色、長さ0.9~1.1㎝、まばらに毛があり、花冠筒部は長さ5~6.5㎜×幅2㎜。上唇は長さ2.5~3㎜×幅6.5~7㎜、裂片は卵形~類円形、長さ1.5~2㎜×幅2㎜。下唇は長円状卵形、約長さ3.5㎜×幅2㎜、全縁、先は鈍形。小堅果は長さ1.8~2㎜×幅1㎜。花期は(5)6~7(8)月。

 2  Perovskia atriplicifolia Bentham ロシアンセージ
   synonym Salvia yangii B. T. Drew
 中国、アフガニスタン、イラン、パキスタン原産。中国名は滨藜叶分药花 bin li ye fen yao hua 。英名はRussian-sage 。別名はサマーラベンダー
 茎は高さ約50(~100)㎝、基部から分枝し、密に星状毛と黄色の腺がある。葉柄は長さ4~6㎜。葉身は線状披針形、長さ4~5(~6)㎝×幅4~9㎜、 基部は楔形、1回羽状深裂し、裂片は長円形~卵形、長さ2~4㎜×幅1~1.5㎜、まばらに星状毛があり、密に黄色の腺があり、先は鈍形。輪散花序は緩い総状花序又は円錐花序を形成し、長さ10~15㎝になる。花序の葉は線形、長さ0.8~1.7㎝×幅0.8~3㎜。苞は紫色(violet) 、卵形~楕円形、約長さ0.7㎜×幅 0.4㎜、脱落性、膜質、白色の縁毛がある。花柄は 長さ1~1.5㎜、密に毛があり、広がる~垂れ下がる。咢は長さ 5~6㎜×幅1.5~2.5㎜、基部は紫色、密に白色又は紫色の粗毛があり、黄色の腺があり、縁毛があり、先はまばらに毛があるか類無毛、咢筒は長さ4~5㎜×幅1.5~2㎜。上唇は約長さ1㎜×幅2㎜、不明瞭な3小歯がある。下唇は上唇の長さとほぼ等しい。花冠は青色、 長さ約1㎝、無毛、まばらに腺がある。花冠筒部は長さ5~6㎜×幅約2 ㎜。上唇は長さ3~3.5㎜×幅4~4.5㎜、暗紫色の条線がある。花冠裂片は楕円形~卵形、中裂片は約長さ1.5㎜×幅1㎜、側裂片は約長さ1㎜×幅1.5㎜。下唇は長円状楕円形、約長さ3㎜×幅1㎜、全縁、先は鈍形。小堅果は約長さ2㎜×幅1㎜、鈍形。花期は6~7(10)月。果期は7~8月。
品種) 'Artemis', 'Balpercruz' (PBR) , 'Blue Jean Baby' , 'Blue Shadow' , 'Blue Spire' , Blue Spritzer = 'Balperobritz' , 'Blue Steel' , 'CrazyBlue' , 'Denim 'n Lace' , 'Lissvery' (PBR) , Little Lace™ , 'Mystery of Knightshayes' , 'Rocket Man' , 'Taiga'

 3  ハイブリッド Perovskia hybrida
 ロシアンセージ(P. atriplicifolia)とペロブスキア・アブロタノイデス(P. abrotanoides)との交配種
品種) 'Balperobritz' , 'Blue Haze' , 'Blue Spire' , 'Filigran' , 'Hybrida' , 'Lace' , Lacey Blue = 'Lisslitt' (PBR) , 'Lisslitt' (PBR) , Little Lace = 'Novaperlac' , 'Little Spire' (PBR) , 'Longin' , Silvery Blue = 'Lissvery' (PBR) , 'Novaperlac' , Peek-A-Blue® , Silvery Blue™


 参考

1) Flora of China
 Perovskia
 http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=2&taxon_id=124612
2) Flora of Pakistan
 Perovskia
 http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=5&taxon_id=124612
3) GRIN
 Perovskia
 https://npgsweb.ars-grin.gov/gringlobal/taxonomygenus.aspx?id=9129

TOP Back