ルリミノキ  瑠璃実の木
[別名] ルリダマノキ
[中国名] 日本粗叶木 ri ben cu ye mu
[学名] Lasianthus japonicus Miq.
Lasianthus japonicus Miq. subsp. japonicus
アカネ科  Rubiaceae  ルリミノキ属
三河の植物観察
ルリミノキの枝先
ルリミノキの花
ルリミノキの花横
ルリミノキの萼
ルリミノキの枝
ルリミノキの熟した果実2
ルリミノキの幹
ルリミノキ
ルリミノキ花
ルリミノキ熟した果実
ルリミノキの葉表
ルリミノキの葉裏
 和名は果実が瑠璃色になることに由来する。
 高さ1~2mの低木。幹は直立し、枝や小枝は無毛又は若枝でほぼ無毛~まばらに剛毛がある。葉は対生し、葉柄は長さ3~10(日本では5~15))㎜、まばらに剛毛があるか、剛毛があり、又は後にほぼ無毛になる。葉身は革質又は紙質でゴワゴワし、披針形、披針状長楕円形、長楕円形、長さ(7)9~15㎝、幅2~3.5(4~7)㎝、葉表面は無毛、葉裏面は剛毛又は微細剛毛があり、とくに側脈と細脈の上に多い。葉の基部は鋭形~鈍形、先は尖頭又は尖頭状尖鋭形~長い尾状。側脈は5~7対、斜めの角度で斜上し、縁近くで縁に沿って曲がる。網状の細脈は目立たず、裏側に盛り上がった側脈とはっきり区別できる。托葉は普通、宿存性、三角形、長さ1~3㎜、無毛~小さな粗毛~剛毛がある。花序は花が2~6個程度つき、密集した集散花序、有柄~ほぼ無柄、小剛毛が密生し、花序柄は長さ1~2㎜。苞は長さ0.2~1㎜。花は無柄又はほぼ無柄、普通、5数性。萼は小剛毛~ほぼ無毛、花托筒部分は鐘形、長さ1~1.5㎜、拡大部は長さ1~2㎜、(4~)5歯があり、萼歯はよく発達し、三角形又は披針形。花冠は高杯(たかつき形、白色、花期に長さ13~14㎜、外面が無毛又はときに裂片に短軟毛があり、内面に長軟毛がある。花冠筒部は長さ9~10㎜、裂片は(4又は)5個、へら形、長さ4~4.5㎜。子房下位。果実は球形の核果、直径5~6㎜、無毛、核は(4又は)5個。花期は4~5月(日本では5~6月)。果実は6~10(日本では11~12)月に瑠璃色に熟す。
 subsp. japonicusとして次のsubsp. longicaudusと区別する。
 葉は尖頭 又は尖頭状尖鋭形。側脈は5~7対、斜めの角度で斜上し、網状の細脈と明瞭に異なる。萼と花冠は4数性又は普通5数性。萼歯はよく発達し、三角形又は披針形。
 ●subsp. longicaudus は中国、インド、ラオス、ベトナムに分布する。 中国名は云广粗叶木( yun guang cu ye mu)。葉は普通、先が長い尾状、側脈は細く、多数あり、細脈又はほぼ平行の二次脈に似ている。学と花冠は4数性。萼歯は小さく、先がほとんど切形。
 ●var. caudisepalus インドに分布する。
 ●サツマルリミノキf. satsumensis 中国名は曲毛日本粗葉木 (粗毛日本雞屎樹)。 枝や葉に毛の多いもので、混在することもある。
[花期] 5~6月
[高さ] 1~2m
[生活型] 常緑低木
[生育場所] 林内の陰、湿った場所
[分布] 在来種  本州(東海地方以西)、四国、九州、沖縄、朝鮮、中国、台湾、
[撮影] 岡崎市  17.5.16(花)、16.11.4(果実)

 ルリミノキ属

  Famiy Rubiaceae - genus Lasianthus

 直立する亜低木、低木、まれに小高木、刺は無く、ときに悪臭がある。枝や小枝は円柱形、ときにつぶれ、まれに瘻管状(fistulous)。皮目は不明瞭又は明瞭。束晶(raphide)がある。葉は対生、二列生(distichous)、普通、薄い革質又は紙質、基部は鋭形~円形~心形、先は尖鋭形~鋭形~尖頭形(cuspidate)。中脈は平面~窪み~わずかに表面に突き出ることもあり、普通、裏面に突き出る。二次の葉脈は普通、裏面に突き出て、45°以上の角度で、斜上し、縁で曲がり、上の脈と接合する。三次の細脈は平行又は網状。托葉は早落性又は普通、宿存性、少なくとも茎の先近くにあり、葉柄間托葉(interpetiolar)、よく発達又は小さくなり、三角形~披針形~卵形~長楕円形、鋭形又は鈍形。花序は腋生、数個の花がついて団集花序(glomerulate)、頭状花序(capitate)、集散花序(cymose)になり、又は花が単生し、無柄又は有柄(花序柄)、無苞又は有苞、苞は宿存性又は早落性、よく発達し、ときに融着する。花は両性、小さく、無柄又は有柄。萼は花托筒部分(hypanthium portion)が倒卵形又は鐘形、拡大部分(limb)は3~6歯又は裂片があり、又は切形。花冠は白色、漏斗形(funnelform)~高坏たかつき形(salverform)~つぼ形(urceolate)、長さは数㎜~2.5㎝、外面は無毛~有毛、内面は無毛又は普通、喉部に長軟毛がある。花冠裂片は4~6個、蕾では敷石状( valvate)又は覆瓦状(imbricate)。雄しべは4~6個、花冠の喉部につく。花糸は短い。葯は線形又は長楕円形、背着(dorsifixed)、花冠から突き出ない又は突き出る。花柱は線形。柱頭は3~9裂し、線形又は披針形、花冠から突き出ない又は突き出る。子房は3~9室。胚珠は1室に1個ずつ、基底にあり、直立する。果実は青色又はまれに白色~黒色~赤色、核果、小さく、果肉質(pulpy)又は肉質(fleshy)、普通、球形、平滑又はいぼ状、丸く又は尾根があり、宿存性の萼片がある。核(pyrene)は3~9個(ときに、少なく)、厚壁、外面は平滑~いぼ状~溝状、断面は普通、三角形、あらかじめ形成される発芽の隙間がある。 種子は黒色、豊富な胚乳があり、胚は直線形。子葉は短く、平ら。幼根は長い棍棒形。
 約184種あり、熱帯アジアに160種、アフリカに約20種分布する。

 ルリミノキ属の主な種

 1  Lasianthus appressihirtus Simizu  スズナリルリミノキ
   synonym Lasianthus appressihirtus Simizu var. maximus Simizu ex T.S.Liu et J.M.Chao
 2  Lasianthus attenuatus Jack  マルバルリミノキ
   synonym Lasianthus plagiophyllus Hance
   synonym Lasianthus wallichii (Wight et Arn.) Wight, nom. illeg.
   synonym Lasianthus wallichii (Wight et Arn.) Wight subsp. plagiophyllus (Hance) C.Y.Wu et H.Zhu
 日本(九州南部~沖縄)、中国、台湾、インド、ネパール、ブータン、インドネシア、カンボジア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、タイ、ベトナム、パプアニューギニアに自生する。中国名は斜基粗叶木(xie ji cu ye mu )。
 低木、高さ1~2m。枝と小枝は密に綿毛~粗毛~とき剛毛がある。葉柄は長さ1~3㎜、綿毛~粗毛がある。葉身は革質~類革質、長楕円形~楕円状披針形~長楕円状卵形、長さ5~12㎝、幅2.5~5㎝、表面は無毛、裏面は小剛毛~微細剛毛~綿毛がある。葉の基部はわずかに 心形又はまれに円形~明らかな鈍形、先は鋭形~尖頭状尖鋭形。側脈は6~8対、細脈はほぼ平行、裏面に突き出る。托葉は三角形又は卵状披針形、長さ2~3㎜、綿毛~粗毛があり、見たところ宿存性。花序は集散花序又は団集花序、無柄、密に粗毛~微細剛毛がある。苞は錐形~披針形、長さ6~15㎜、宿存性。花は無柄。萼は密に粗毛があり、花托筒部分は鐘形、長さ約1㎜、拡大部は長さ1~2㎜、5個の三角形の歯がある。花冠は外面がまばらな微細剛毛~微軟毛又はほぼ無毛、内面は長軟毛がある。花冠筒部は長さ8~10㎜、裂片は5個、へら形、長さ4~5㎜。果実は球形又は卵形、直径5~10㎜、密に粗毛があり、平滑。核は5又は6個。花期は4月。果実は8~9月。

 3  Lasianthus austroyunnanensis H.Zhu  クモマルリミノキ
   synonym Lasianthus microphyllus auct. non Elmer
 4  Lasianthus biflorus (Blume) M.G.Gangop. et Chakrab.  コバンヤナギ
 5  Lasianthus chinensis (Champ. ex Benth.) Benth.  スグダチルリミノキ
 6  Lasianthus curtisii King et Gamble  ケシンテンルリミノキ
   synonym Lasianthus formosensis Matsum. var. hirsutus Matsum.
 日本(九州南部~沖縄)、中国、台湾、マレーシア、タイ、ベトナムに自生する。中国名は广东粗叶木(guang dong cu ye mu )。
 低木、高さ1~2m。枝と小枝は密に広がり、長軟毛がある。葉柄は長さ4~8㎜、密に長軟毛がある。葉身は紙質~類革質、卵状披針形~楕円状披針形、長さ5~9㎝、幅2~3㎝、表面は無毛、裏面は密に柔らかい長軟毛がある。葉の基部は楔形又は鈍形、先は尖頭状尖鋭形。側脈は4~6対、細脈はほぼ平行。托葉は普通、宿存性、狭三角形、長さ1~1.5㎜、密に剛毛がある。花序は団集花序~類頭状花序、無柄。苞は無い。花は無柄~ほぼ無柄。萼は密に長軟毛~粗毛があり、花托筒部分は倒円錐形、長さ1~1.5㎜、拡大部は基部近くまで分裂する。裂片は5個、披針形~狭三角形、長さ2~5㎜、尖鋭形。花冠は長さ7~8㎜、外面は剛毛があり、内面は長軟毛があり、裂片は5個。果実は卵状球形、直径4~5㎜、粗毛~長軟毛がある。核は5個。花期は8~9月。果実は6~12月。

 7  Lasianthus fordii Hance  リュウキュウルリミノキ
   synonym Lasianthus tashiroi Matsum.(タシロルリミノキ)
 日本(九州南部~沖縄)、中国、台湾、カンボジア、インドネシア、フィリピン、タイ、ベトナム、パプアニューギニアに自生する。中国名は罗浮粗叶木(luo fu cu ye mu )。
 低木、高さ1~2m。枝と小枝は無毛~細い伏せた軟毛~剛毛がある。葉柄は長さ0.4~1㎝、ほぼ無毛~粗毛~小剛毛がある。葉身は類革質又は紙質、卵状長楕円形、長さ6~10㎝、幅2~5㎝、表面は無毛、裏面は薄く伏した小剛毛があるかほぼ無毛。葉の基部は鋭形~鈍形、先は尖鋭形又は尖頭状尖鋭形。側脈は4~6対、細脈はほぼ平行、裏面に突出する。托葉は普通、宿存性、三角形~狭三角形、長さ0.5~1.2㎜、小剛毛がある。花序は 団集花序、無柄、苞は無い。花は無柄。萼はまばら~密に小剛毛があり、花托筒部分は鐘形~倒円錐形、長さ約1㎜。拡大部は長さ1~1.5㎜、浅い歯があり、歯は5個、三角形。花冠は長さ6~10㎜、外面に無毛~短軟毛があり、内面は長軟毛がある。裂片は5個。果実は球形又は類球形、直径5~6㎜、無毛~小剛毛があり、核は5又は6個。

 8  Lasianthus fordii Hance var. pubescens (Matsum.) T.Yamaz.  シンテンルリミノキ
   synonym Lasianthus tashiroi Matsum. var. pubescens Matsum.
   synonym Lasianthus formosensis Matsum.
   synonym Lasianthus tawadae Ohwi 
   synonym Lasianthus fordii Hance f. pubescens (Matsum.) Kitam.
   synonym Lasianthus curtisii auct. non King et Gamble 
 9  Lasianthus hiiranensis Hayata  ヒーランルリミノキ
 10  Lasianthus hirsutus (Roxb.) Merr.  タイワンルリミノキ
   synonym Lasianthus cyanocarpus auct. non Jack
 日本(奄美諸島~南西諸島)、中国、台湾、インド、バングラデシュ、インドネシア、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、タイ、ベトナム、パプアニューギニアに自生する。中国名は鸡屎树(ji shi shu)。
 低木、高さ1~2m。小枝は硬く、広がり、さび色の粗毛があるかほぼ無毛になる。葉柄は長さ10~15㎜、粗毛がある。葉身は類革質~革質、長楕円形~倒披針状長楕円形、長さ13~25㎝、幅5~7.5㎝、表面は無毛、裏面は密に微細剛毛~梳毛~剛毛がある。葉の基部は鋭形~鈍形、先は短い尖鋭形。側脈は7~10対、細脈はほぼ平行、裏面に持ち上がる。托葉は披針形~三角形、長さ8~10㎜、粗毛があり、普通、少なくとも先の節には宿存性。花序は団集花序、無柄、粗毛がある。苞は葉状、多数つき、宿存性、外側の苞は卵状披針形、長さ2~3㎝、明瞭な脈がある。内側の苞は線形、小さい。花は無柄。萼は密に粗毛があり、花托筒部分は倒円錐形、長さ約1㎜、拡大部は5裂し、裂片は線状披針形、長さ約2.5㎜。花冠は長さ11~15㎜。筒部は長さ8~12㎜、外面は下側の半分が無毛、上側の半分に粗毛がある。裂片は5個、卵形、長さ約3㎜。果実は卵状球形、直径4~5㎜、粗毛があるか無毛、約5個丸い尾根がある。核は5個。花期は11月。
 11  Lasianthus hispidulus (Drake) Pitard  ニコゲルリミノキ
   synonym Lasianthus bunzanensis Simizu
   synonym Lasianthus brevidens Craib
 12  Lasianthus japonicus Miq.  ルリミノキ
 本州(東海地方以西)、四国、九州、沖縄、朝鮮、中国、台湾原産。日本粗叶木 ri ben cu ye mu。
 高さ1~2mの低木。幹は直立し、枝や小枝は無毛又は若枝でほぼ無毛~まばらに剛毛がある。葉は対生し、葉柄は長さ3~10(日本では5~15))㎜、まばらに剛毛があるか、剛毛があり、又は後にほぼ無毛になる。葉身は革質又は紙質でゴワゴワし、披針形、披針状長楕円形、長楕円形、長さ(7)9~15㎝、幅2~3.5(4~7)㎝、葉表面は無毛、葉裏面は剛毛又は微細剛毛があり、とくに側脈と細脈の上に多い。葉の基部は鋭形~鈍形、先は尖頭又は尖頭状尖鋭形~長い尾状。側脈は5~7対、斜めの角度で斜上し、縁近くで縁に沿って曲がる。網状の細脈は目立たず、裏側に盛り上がった側脈とはっきり区別できる。托葉は普通、宿存性、三角形、長さ1~3㎜、無毛~小さな粗毛~剛毛がある。花序は花が2~6個程度つき、密集した集散花序、有柄~ほぼ無柄、小剛毛が密生し、花序柄は長さ1~2㎜。苞は長さ0.2~1㎜。花は無柄又はほぼ無柄、普通、5数性。萼は小剛毛~ほぼ無毛、花托筒部分は鐘形、長さ1~1.5㎜、拡大部は長さ1~2㎜、(4~)5歯があり、萼歯はよく発達し、三角形又は披針形。花冠は高杯(たかつき形、白色、花期に長さ13~14㎜、外面が無毛又はときに裂片に短軟毛があり、内面に長軟毛がある。花冠筒部は長さ9~10㎜、裂片は(4又は)5個、へら形、長さ4~4.5㎜。子房下位。果実は球形の核果、直径5~6㎜、無毛、核は(4又は)5個。花期は4~5月(日本では5~6月)。果実は6~10(日本では11~12)月に瑠璃色に熟す。
12-1  Lasianthus japonicus Miq. subsp. japonicus ルリミノキ
 葉は尖頭 又は尖頭状尖鋭形。側脈は5~7対、斜めの角度で斜上し、網状の細脈と明瞭に異なる。萼と花冠は4数性又は普通5数性。萼歯はよく発達し、三角形又は披針形。
12-1-1 Lasianthus japonicus Miq. f. satsumensis (Matsum.) Kitam.  サツマルリミノキ
   synonym Lasianthus japonicus Miq. var. satsumensis (Matsum.) Makino
   synonym Lasianthus satsumensis Matsum.
 中国名は曲毛日本粗葉木 (粗毛日本雞屎樹)。 枝や葉に毛の多いもので、混在することもある。
12-1-2 Lasianthus japonicus Miq. var. taiheizanensis (Masam. et Suzuki) Hatus., nom. nud.  トガリバルリミノキ
12-2  Lasianthus japonicus Miq. subsp. longicaudus
 中国、インド、ラオス、ベトナムに分布する。 中国名は云广粗叶木( yun guang cu ye mu)。葉は普通、先が長い尾状、側脈は細く、多数あり、細脈又はほぼ平行の二次脈に似ている。学と花冠は4数性。萼歯は小さく、先がほとんど切形。
12-2  Lasianthus japonicus Miq. var. caudisepalus インドに分布する。

 13  Lasianthus micranthus Hook.f.  ウスバルリミノキ
   synonym Lasianthus microstachys Hayata
 14  Lasianthus simizui (T.S.Liu et J.M.Chao) H.Zhu  シミズルリミノキ (temp.) 
   synonym Lasianthus trichophlebus Hemsl. var. simizui (T.S.Liu et J.M.Chao) H.Zhu
   synonym Lasianthus obliquinervis Merr. var. simizui T.S.Liu et J.M.Chao
 15  Lasianthus verticillatus (Lour.) Merr.  オオバルリミノキ
   synonym Lasianthus obliquinervis auct. non Merr
   synonym Lasianthus trichophlebus auct. non Hemsl.
   synonym Lasianthus chinensis auct. non Benth
 日本(奄美諸島~沖縄)、台湾、中国、ラオス、マーレーシア、ミャンマー、フィリピン、タイ、ベトナムに自生する。中国名は斜脉粗叶木(xie mai cu ye mu)
 低木、高さ1.5~3m。枝と小枝は伏した短軟毛又は小剛毛があるかほぼ無毛になる。葉柄は長さ7~10㎜、短軟毛又は小剛毛又は剛毛が密生する。葉身は革質、長楕円形~楕円状長楕円形、長さ8.5~18㎝、幅3.5~7㎝、表面は無毛、裏面は薄く軟毛があるか小剛毛がある。葉の基部は鋭形~広鈍形、縁は普通、波打ち、しばしば細く、外巻きし、先は鋭形又は尖鋭形。側脈は7~9対、細脈は平行、脈と細脈は明瞭に裏面に盛り上がる。托葉は普通、宿存性、三角形~狭三角形、長さ3~5㎜、微軟毛又は小剛毛が密生する。花序は類頭状花序~密集した集散花序、無柄。苞は欠くか小さい。花は無柄~ほぼ無柄。萼はほぼ無毛又は微軟毛があり、花托筒部分は鐘形~類球形、長さ2.5~3㎜、拡大部は2~2.5㎜、切形又は小さな歯状。花冠は長さ10~12㎜、外面は微細剛毛~長軟毛、内面は長軟毛がある。裂片は5個、卵形。果実は青色、楕円形、直径10㎜以下、小剛毛~ほぼ無毛、平滑。核は4又は5個。花期は4又は5月。果実は10~11月。
15-1 Lasianthus verticillatus (Lour.) Merr. var. taitoensis (Simizu) H.Zhu  タイトウルリミノキ
   synonym Lasianthus obliquinervis Merr. var. taitoensis (Simizu) T.S.Liu et J.M.Chao 
 16  Lasianthus sikkimensis Hook.f. 
 17  Lasianthus tsangii Merr. ex H.L.Li 

 参考

1) Flora of China
  Lasianthus
 http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=2&taxon_id=117649

TOP Back