ルリフタモジ   瑠璃二文字
[別名] ツルバギア・ビオラケア
[中国名] 紫娇花 zi jiao hua
[英名] wild garlic , society garlic , pink agapanthus
[学名] Tulbaghia violacea Harv
ヒガンバナ科 Amaryllidaceae  ツルバギア属
三河の植物観察
ルリフタモジ花序
ルリフタモジ副花冠
ルリフタモジ花横
ルリフタモジ花
ルリフタモジ
ルリフタモジ花
 ルリフタモジはツルバギア属の栽培種。和名のルリフタモジはあまり使われず、ツルバギア・ビオラケア又は単にツルバギアと呼ばれる。ツルバギア属はネギ属に近縁でネギ亜果Alliaceaeに分類され、アフリカ南部の主に南アフリカに約24種が分布する。ルリフタモジはツルバギア属の中で最も普通に栽培され、ハイブリッド品種も多い。
 常緑多年草、耐寒性、塊根(tuberous root)をもち、広がって群生する。高さ50㎝以下。葉は狭い紐状、長さ30~40㎝×幅0.5~0.8㎝、わずかに肉質、傷つけると強いニンニク臭がある。花茎は高さ30~50㎝、花序は頂生、幅5~7㎝の散形花序に花を15~20個つける。花冠はピンク・モーブ色(pinkish-mauve)、基部は筒形、先は6裂し、星形。副花冠は花冠と同色、筒形にならず、小さな3個の鱗片がある。蒴果は三角形。種子は黒色、扁平、硬い。花期は6~9月。
[花期] 6~9月
[草高] 30~50㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 栽培種
[分布] 帰化種 アフリカ南部原産
[撮影] 浜松市  18.5.21

 ツルバギア属

  Family: Amaryllidaceae - sungenus Alliaceae - genus Tulbaghia
 ネギ属 Alliumに密接に関係し、ネギ亜果Alliaceaeに分類される。
 多年草、耐寒性又は半耐寒性、地下に根茎や塊根(tuberous root)をつける。傷つけるとネギ又はニンニクのような臭気があるが、まれに少ないものもある。細長い花茎を直立し、散形花序を頂生し、花を10~30個つける。花序の基部に2個の仏炎苞状の苞があり、蕾にときは包まれる。花は控えめで小さく、小さなスイセンに似て、トランペット形、筒部は花被の長さのほぼ1/2、花被片は6個、花筒の口部に肉質の副花冠(corona)をもつ。副花冠は円筒形又は3個の離生の鱗片状。花に芳香のあるものがある。果実は胞背裂開の蒴果。種子は多数、三角形、黒色。
 世界に約24種あり、アフリカ南部に分布する。英名はwild Garlic


 ツルバギア属の主な種と園芸品種

 1  Tulbaghia capensis L.
    synonyum Tulbaghia pulchella Ave-Lall.
 南アフリカ原産。
 高さ15~35㎝。花は夜に香り、褐緑色~紫緑色、副花冠は橙色、大きく目立つ。花期は秋~晩春。
品種) 'Variegata'

 2  Tulbaghia cominsii Vosa
 南アフリカ原産。
小型、高さ(18)20~25㎝、葉は細い草質、長さ約15㎝×幅約1.75㎜、弓状又は直立、上面に浅い溝がある。花は幅約1.5㎝、長さ約1㎝、白色、花筒が紫色を帯び、花被片が平開する。副花冠は白色の尖った6鱗片。雄しべの先が紫ピンク色で花の中心が紫ピンク色に見える。芳香があり、特に夜に強くなる。花期は早春~晩秋。Tulbaghia violaceaとのハイブリッドが作られている。
品種) 'Harry Hay's Pink'

 3  Tulbaghia simmleri Beauverd  ツルバギア・フラグランス
    synonyum Tulbaghia fragrans Verd.
    synonyum Tulbaghia daviesii Grey
 南アフリカ固有種。英名は sweet wild garlic , sweet garlic , fragrant tulbaghia 。
 葉がツルバギア・ビオラケアより幅が広く、厚く、強い臭いがない。副花冠がめだつ。
 常緑、多年草、高さ25㎝。細く、直立し、群生する。球根状の根茎がある。葉は灰緑色、平ら、ひも状。花序は散形花序、花はピンク色~モーブ・ピンク色、たまに白色、強い芳香があり、下部は筒形。花冠は6個のやや肉質の花被片(花弁)があり、中央に副花冠がある。副花冠は長さの1/3が筒状になり、先が6裂し、先が尖り、王冠状になる。
品種)  'Alba' , 'Cheryl Renshaw' , 'Snow Queen' , 'White Queen'

 4  Tulbaghia violacea Harv.  ルリフタモジ(ツルバギア・ビオラケア)
 南アフリカ、ジンバブエ原産。英名はwild garlic , society garlic , pink agapanthus
 常緑多年草、耐寒性、塊根(tuberous root)をもち、広がって群生する。高さ50㎝以下。葉は狭い紐状、長さ30~40㎝×幅0.5~0.8㎝、わずかに肉質、傷つけると強いニンニク臭がある。花茎は高さ30~50㎝、花序は頂生、幅 5~7㎝の散形花序に花を15~20個つける。花冠はピンク・モーブ色(pinkish-mauve)、基部は筒形、先は6裂し、星形。副花冠は花冠と同色、筒形にならず、小さな3個の離生の鱗片状。蒴果は三角形。種子は黒色、扁平、硬い。花期は6~9月。
 品種) 'Alba' , 'Brenda' , 'Charlotte' , 'Coddii' , 'Dissect White' , 'Fine Form' , 'Grandiflora' , 'Harry Hay' , 'Jenny' , 'John Rider' , 'John May's Special' , 'Lowan' , 'Pallida' , 'Pearl' , 'Seren' , 'Peppermint Garlic' , 'Premier' , 'Seren' , 'Silver Lace' (v) , 'Variegata' , 'White Drooper' , 'White Goddess' , 'White Star'

 6  ハイブリッド
(1)T. cominsii × T. violacea,
品種) 'Ashanti' , 'Fairy Snow' , 'Fairy Star' , 'Fairy Star Mk II' ,

(2)その他
品種)  'African Moon' , 'Ashanti' , 'Bob Brown' , 'Bright Eyes' , 'Cariad' , 'Cosmic' , 'Cornish Beauty' ,'Crystal' , 'Dark Beauty' , 'Dreaming Spires' , 'Enigma' , 'Elaine Ann' , 'Faye' , 'Grey Dawn' , 'Hazel' , 'Himba' , 'Janet' , 'Lilian' , 'Maggie May' , 'Moshoeshoe' , 'Moya' , 'Myles' , 'Orla' , 'Purple Eye' , 'Rainbow' , 'Sally' , 'Savanna Lightning' , 'Scented Beauty' , 'Snowball' , 'Snow White' , 'Suzanne' , 'Tweed'


 参考

1) Plantz Africa
 Gillenia Moench
 https://npgsweb.ars-grin.gov/gringlobal/taxonomygenus.aspx?id=4952
2) Plantz Africa
  Tulbaghia simmleri
 http://pza.sanbi.org/tulbaghia-simmleri
3) Pacific Bulb Society | Tulbaghia
 Tulbaghia
 https://www.pacificbulbsociety.org/pbswiki/index.php/Tulbaghia
4)Flora of Zimbabwe
Tulbaghia L.
https://www.zimbabweflora.co.zw/speciesdata/genus.php?genus_id=371
5)Alpine Garden Society - Plant Encyclopaedia
Tulbaghia cominsii
http://encyclopaedia.alpinegardensociety.net/plants/Tulbaghia/cominsii
TOP Back