レンプクソウ  連福草
[別名] ゴリンバナ
[中国名] 五福花 wu fu hua
[英名] moschatel , muskroot , townhall-clock
[学名] Adoxa moschatellina L.
レンプクソウ科 Adoxaceae  レンプクソウ属
三河の植物観察
レンプクソウの花5裂
レンプクソウの花4裂
レンプクソウの花6裂
レンプクソウの雄しべ
レンプクソウの雄しべの葯
レンプクソウの萼
レンプクソウの花後
レンプクソウの花後2
レンプクソウの花後3
レンプクソウの茎の下部
レンプクソウ
レンプクソウ花柄と萼
レンプクソウの葉柄表
レンプクソウの葉柄裏
レンプクソウの根生葉
レンプクソウの葉の表と裏
レンプクソウの茎葉
 根茎は長さ2.5~25㎝、這い、先に白色の鱗片がある。茎は高さ8~15㎝、無毛、中実、4稜形。無托葉。葉表はざらつき、メタリック光沢があり、黄緑色(若草色)、葉裏は平滑、緑白色。根生葉は(1~)2回3出複葉(日本のものは2回が多い)、1~3個つき、葉柄は長さ4~9[11] ㎝、円柱形で葉表側に小葉柄から続く2稜に狭い翼があり、間は溝状、反対側は丸い。小葉は広卵形~円形、長さ1~2㎝[中裂・深裂の場合:長さ3~6㎝、幅2~6.5㎝]、鈍く3裂し、小葉柄は表側に溝があり、裏側は丸く、1段目は長さ2~4㎝、2段目は長さ0.6~1.2㎝。茎葉は2個、対生し、3裂又は3出複葉、裂片は3裂。茎葉の葉柄は長さ0.5~1㎝、ごく狭い翼があり、対の葉の基部で合着し、茎の4稜へと続く。花序柄は4稜形、茎葉より上に直立し、長さ2~4.5㎝、果時にも直立する。小さな直径5~7㎜の球形の頭状の散形花序(花柄が少しずつずれて節間はごく短く、やや散房状につき、球形になる)に花を5(~9)個つけ、1個頂生し、4個側生する。花柄は無柄又は長さ0.5~1.5㎜の短柄。苞は無い。花は黄緑色~帯緑色、直径4~7㎜。萼(花床筒状)は長さ(厚さ)約1㎜、幅(縦横)約2㎜の浅い杯形、宿存性。萼片は2~3{4}個、花冠裂片に互生してつき、長方形~広楕円形~卵形、先は鈍端、長さ1~1.5(3)㎜、幅0.7~1.2㎜、花冠と同色。萼片のつく位置は3個の場合は等間隔、2個の場合は3個のうちの1個が欠けたタイプと、2個が対生するタイプの2形ある。花冠は捩じれ、4~5(ときに6)裂し、裂片は広卵形~卵形~長楕円形、長さ1.75~3.25(実測約2)㎜、幅2~2.5(実測1.5~2)㎜、先は円形~鈍形、花後にすぐ落ちる。雄しべは花冠裂片と同数で裂片に互生し、花糸は深く2裂し、半雄しべとなり、倍数あるように見える。葯は黄色、長さ1㎜より短く、花粉を出すとすぐ落ちてしまう。花柱は3~5個。子房は子房中位~子房下位、(3)4~5室。果実は乾いた核果、長さ2~3㎜{幅4~5㎜}、類球形、帯緑色、乾いた萼で部分的に被われ、種子を4~5個入れる。種子は長楕円形、長さ3~3.5㎜、無毛。2n=36。[]内の数値はflora of Pakistan。
[花期] 3~4月
[草丈] 8~15㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 林内、林縁、道端
[分布] 在来種)  北海道、本州(広島県以北)、、四国(徳島県)、九州(熊本県)、アジア、ヨーロッパ、北アメリカ
[撮影] 豊川市  16.4.1
TOP Back