レンゲツツジ  蓮華躑躅
[別名] オニツツジ
[学名] Rhododendron japonicum (A. Gray) Suringar
Rhododendron molle (Blnme) D. Don var.glabrius Miq.
ツツジ科  Ericaceae  ツツジ属
三河の植物観察
レンゲツツジの花
レンゲツツジの花2
レンゲツツジの葉
レンゲツツジ
 和名はつぼみの形が蓮華似ていることに由来する。幹は灰褐色。葉は互生、長さ5~10㎝、幅1.5~3㎝の倒披針形、枝先に多数集まってつき、柔らかく、基部は細く、葉脈が深く目立つ。葉柄は長さ3~7㎜。葉は秋には紅葉する。花は枝先に2~8個、集まってつき、葉と同時に開く。花冠は直径5~8㎝、朱橙色で大きく、5中裂し、上側の裂片に橙黄色の斑点がある。雄しべ5個。花糸の下半部に短い開出毛が密生する。花柱の下半部に短毛があり、子房に長毛が密生する。萼は5裂し、縁に長毛がある。花柄は長さ1.5~3㎝。蒴果は長さ2~2.5㎝の円柱形、褐色の剛毛が密生する。種子は長さ約2㎜、翼があり、基部の付属片には鋸歯がある。
 母種のRhododendron molle は中国原産、中国名は羊踯躅 (yang zhi zhu )。花が黄色~黄金色、蒴果の剛毛がまばら。
[花期] 5~6月
[樹高] 1~2m
[生活型] 落葉低木
[生育場所] 草原、林縁、湿原の近く
[分布] 在来種(日本固有種) 本州、四国、九州
[撮影] 新城市  07.5.12
TOP Back