オランダミミナグサ  和蘭耳菜草
[中国名] 球序卷耳 qiu xu juan er
[英名] sticky mouse-ear,mouse-ear chickweed
[学名] Cerastium glomeratum Thuill.
ナデシコ科  Caryophyllaceae  ミミナグサ属
三河の植物観察
オランダミミナグサの花序
オランダミミナグサの花
オランダミミナグサの果実
オランダミミナグサの腺毛
オランダミミナグサの茎
オランダミミナグサ
オランダミミナグサ葉
オランダミミナグサ種子
 日当たりの良い場所ならどこにでも生える。全体に毛が多く、茎の上部に腺毛が多い。葉は対生し、葉の両面に毛が密生する。花弁は白色、5個で、先が2裂する。萼片は花弁とほぼ同長、腺毛が密生して、粘る。小梗(花につく柄)は萼より短く、花が密集する。蒴果は長さ5~8㎜、熟すと先端が浅く10裂し、外側にやや開く。種子は長さ約0.5㎜(実測0.50~0.52㎜)。
 在来種のミミナグサは小梗が萼より長く、花が垂れ下がる。ミミナグサの萼片は花弁とほとんど同長。また、種子も大きい。
 園芸品種もあるセイヨウミミナグサは葉幅が細く、花が大きく、花弁が萼片の1.5~2.5倍ある。
[花期] 4~5月
[草丈] 10~60㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 道端、畑
[分布] 帰化種  ヨーロッパ原産  世界各地に帰化
[撮影] 蒲郡市形原町   09.4.6
TOP Back