オオヤマハコベ  大山繁縷
[中国名]

皱叶繁缕 zhou ye fan lu

[学名] Stellaria monosperma Buch.-Ham. ex D.Don var. japonica Maxim.
Stellaria paniculigera Makino.
ナデシコ科 Caryophyllaceae  ハコベ属
三河の植物観察
オオヤマハコベの花序
オオヤマハコベの花
オオヤマハコベの花2
オオヤマハコベの萼
オオヤマハコベの果実
オオヤマハコベの茎と花茎
オオヤマハコベ
オオヤマハコベの花横
オオヤマハコベの種子
オオヤマハコベ葉表
オオヤマハコベ葉裏
 茎は直立~斜上し、上部で分枝する。葉は対生し、無毛、ほぼ無柄又は短柄があり、長さ4~12㎝、幅1.5~3㎝の長楕円状披針形、先は細く尖り、縁は全縁で波打つ。茎の上部に集散状の円錐花序を出し、小さな白色の花をまばらにつける。花は直径5~7㎜、花弁は5個、花弁の先が2中裂する。萼片は長さ5~6㎜、花弁より明瞭に長く、萼及び花柄には腺毛が密生する。雄しべ5個、花弁より長い。花柱は線形、3個。蒴果は裂開せず、1種子が入り、萼がついたまま落ち、萼の腺毛で粘る。種子は長さ約2.5㎜の円形、平滑。2n=44
 ミドリハコベやコハコベなどは蒴果が裂開し、多種子。
[花期] 8~10月
[草丈] 40~80㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地の湿った林内
[分布] 在来種 本州(岩手県以南)、四国、九州、中国、台湾
[撮影] くらがり渓谷 03.9.15
TOP Back