オオツヅラフジ  大葛篭藤
[別名] ツヅラフジ
[中国名] 风龙 feng long
[学名] Sinomenium acutum (Thunb.) Rehd. Et Wilson
ツヅラフジ科 Menispermaceae  ツヅラフジ属
三河の植物観察
オオツヅラフジ花
オオツヅラフジ花横
オオツヅラフジ雄花
オオツヅラフジ未熟な果実
オオツヅラフジ熟した果実
オオツヅラフジの葉裏
オオツヅラフジ茎
オオツヅラフジ
オオツヅラフジ花序
オオツヅラフジ葉
オオツヅラフジ葉2
オオツヅラフジ果実と核
 蔓は太く、褐色の短毛が密生する。短毛は取れやすく、ほとんど無いこともある。葉は互生し、長さ6~15㎝、ときにそれ以上になり、 扁円形で変化が多く、3~7に浅裂~中裂することも多い。基部は切形~浅い心形になることが多いが、深い心形になることもあり、5~15㎝の長柄がつく。雌雄異株。長さ10~20(30)㎝の円錐花序に小さな黄白色花をつける。雌花、雄花とも花弁や萼片は似ている。萼片は黄緑色、6個、長さ2~2.5㎜の惰円形~卵形、外萼片3個は内萼片3個より幅が狭い。花弁は長さ0.7~1㎜、先が2裂する。雌花は花柱3個、仮雄しべ3個。雄花の雄しべは長さ1.6~2㎜、9~12個つく。果実は核果、未熟なうちは扁平、秋に粉白色を帯びた藍黒色に熟し、直径6~8㎜の球形になる。核は直径約5㎜、厚さ約3㎜。
 アオツヅラフジは花がよく似ているが葉の形が異なり、やや小さい。果実や核はよく似ている。
 葉の形がよく似たコウモリカズラは葉柄がハスノハカズラと同じように盾状につく。コウモリカズラは花期が春である。
[花期] 7~9月
[草丈] 蔓性
[生活型] 落葉蔓性木本(藤本)
[生育場所] 低地の林縁
[分布] 在来種 本州(関東地方南部以西)、四国、九州、沖縄、中国、インド、ネパール、タイ
[撮影] 幡豆町東幡豆海岸  07.9.22
TOP Back