オオクサキビ  大草黍
[中国名] 洋野黍 yang ye shu
[英名] fall panicum
[学名] Panicum dichotomiflorum Michx.
イネ科 Poaceae  キビ属
オオクサキビの花
オオクサキビの小穂
オオクサキビの葉舌
オオクサキビ
オオクサキビの葉
 昭和初期に東京で最初に確認され、今では日本全土に帰化している。
 全体に無毛。稈は太く、無毛で弱い。葉は長さ20~50㎝、幅0.8~2㎝、無毛、太い中脈がある。葉舌は短く、縁に白い毛がある。葉鞘は無毛。花序は、長さ15~30㎝の円錐状、硬くて細い枝を斜上し、花序の下部は葉鞘に包まれていることが多い。小穂は淡紫色を帯び、長さ約2.5㎜の長卵形。葯は橙色、柱頭は紫褐色。第1苞頴は長さが小穂の1/5、鈍頭~切頭ときに凹頭。第2苞頴は膜質、退化した第1小花の護頴を被い、7脈がある。小花(第2)は乳白色で光沢があり、長さ約2㎜。
[花期] 9~10月
[草丈] 40~100㎝
[生活型] 1年草
[生育場所] 道端、草地、荒地、畑地
[分布] 帰化種  北アメリカ原産
[撮影] 幸田町 09.10.5
TOP Back