オオキンケイギク  大金鶏菊
[中国名]

剑叶金鸡菊 jian ye jin ji ju

[英名] lanceleaf tickseed
[学名] Coreopsis lanceolata L.
キク科 Asteraceae (Compositae) ハルシャギク属
三河の植物観察
オオキンケイギクの頭花
オオキンケイギクの頭花横
オオキンケイギクの総苞
オオキンケイギクの果実
オオキンケイギクの種子
オオキンケイギク
オオキンケイギク葉
 明治時代に鑑賞や緑化用に導入されたものが野生化し、全国的に広がった。外来生物による生態系、人命や健康、農林水産業に対する被害を防止するため、「特定外来生物による生態系に係る被害の防止に関する法律(外来生物法)」が2004年6月に成立し、2005年6月から施行された。オオキンケイギクは2006年2月に特定外来生物に指定され、栽培・譲渡・販売・輸出入などが原則禁止されている。2n=26
 葉は対生(一部互生)し、根生葉は花期にも残り、両面に粗毛が生え、分裂し、小葉は3~5個。茎葉は狭倒披針形。頭状花は直径約6cmで、舌状花の花冠の先は不規則に切れ込む。筒状花の花床に細長い鱗片がある。
[花期] 5~7月
[草丈] 30~70㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 道端、草地、土手
[分布] 帰化種 北アメリカ原産
[撮影] 蒲郡市  09.4.28
TOP Back