オオキバナカタバミ  大黄花片喰、大黄花酢漿草
[別名] キバナハナカタバミ
[中国名]

黄花酢浆草 huang hua cu jiang cao

[英名] buttercup oxalis , African wood sorrel.
[学名] Oxalis pes-caprae L.
カタバミ科 Oxalidaceae カタバミ属
三河の植物観察
オオキバナカタバミ花
オオキバナカタバミ花
オオキバナカタバミ萼
オオキバナカタバミ雄しべ
オオキバナカタバミ茎
オオキバナカタバミ
オオキバナカタバミ蕾
オオキバナカタバミ葉
 観賞用に栽培され、世界中に帰化している。全体に無毛。葉は3出複葉。葉には紫褐色の斑点が多数つき、小葉の基部も紫褐色を帯びる。小葉は長さ0.8~2㎝、幅1.2~3.2㎝。葉柄は長さ3~10㎝。長さ15~30㎝の花茎の先に数個、花が固まってつく。花は黄色、直径3~4㎝、花弁5個。萼片は5個、先端に対の橙色のカルスがある。雄しべ10個、うち、5個が長く、5個が短い。葯は橙黄色。雌しべ1個、雄しべより短く、花柱5個。果実はほとんどできない。
[花期] 3~6月
[草丈] 10~30㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 道端、荒地
[分布] 帰化種 南アメリカ原産
[撮影] 田原市 05.4.10
TOP Back