オオフサモ  大房藻
[英名] parrotfeather, Brazilian water-milfoil
[学名] Myriophyllum aquaticum (Vell.) Verdc.
Myriophyllum brasiliense Cambess.
アリノトウグサ科 Haloragaceae  フサモ属
三河の植物観察
オオフサモの葉
オオフサモの茎
オオフサモ
オオフサモ葉
 大正時代に野生化し、日本に帰化しているものは雌株だけである。南アメリカ以外のものは雌株だけといわれ、果実はできない。
 水生植物。根茎は赤紫色。茎は円柱状、水中で分枝し、匍匐して広がる。節から水上へ茎を直立する。水上に出た葉は糸状に細裂し、羽根状になる。葉は粉白色、3~7個輪生する。雌雄異株。雌花は小さく、幅約1.5㎜、上部の葉腋に1個ずつつく。苞は長さ約1.5㎜。萼片は4個、白色、半透明、長さ0.5~1.5㎜。花弁はない。雌しべに白色の短毛が密生する。雄花は雄しべ8個。分離果は長さ2~3㎜。
[花期] 5~7月
[草丈] 10~30㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 湖沼水生、河川、水田
[分布] 帰化種 南アメリカ原産
[撮影] 幸田町 11.10.17
TOP Back