オオエノコログサ  大狗尾草
[中国名] 巨大狗尾草 ju da gou wei cao
[学名] Setaria X pycnocoma (Steud.) Henrard.
Setaria viridis (L.) P. Beauv. subsp. pycnocoma (Steud.) Tzvel.
Setaria viridis (L.) P.Beauv. var. gigantea (Franch. et Sav.) Matsum.
Setaria viridis (L.) P. Beauv var. major (Gaudin) Petermann
イネ科 Poaceae  エノコログサ属
三河の植物観察
  
オオエノコログサの穂
オオエノコログサの穂の枝分かれ
オオエノコログサの葉
オオエノコログサ
 アワ(粟)(Setaria itarika) とエノコログサの自然雑種とされている。葉は長さ15~40㎝、幅1~2.5㎝。花穂は長さ7~24㎝、幅1.5~2.5㎝、エノコログサより大きく、花序が枝分かれしている。小穂は長さ2.5~3㎜とやや大きく、成熟しても緑色が残る。剛毛は長さ7~12㎜、緑色~褐色又は紫色を帯びる。
[花期] 8~11月
[草丈] 60~150㎝
[生活型] 1年草
[生育場所] 道端、畑
[分布] 在来種 日本全土、アジア、ロシア、ヨーロッパ、北アメリカ
[撮影] 幡豆郡幡豆町  02.7.6
TOP Back