オオアリドオシ  大蟻通し
[別名] ニセジュズネノキ 偽数珠根の木
[中国名] 大卵叶虎刺 da luan ye hu ci
[学名] Damnacanthus indicus C.F.Gaertn. var. major (Siebold et Zucc.) Makino
Damnacanthus indicus C.F.Gaertn. subsp. major (Siebold et Zucc.) T.Yamaz.
Damnacanthus major Siebold et Zuccarini
アカネ科 Rubiaceae  アリドオシ属
三河の植物観察
オオアリドオシの花
オオアリドオシの花2
オオアリドオシの刺
オオアリドオシの果実
オオアリドオシの葉
オオアリドオシの幹
オオアリドオシ
オオアリドオシ2
オオアリドオシの葉表
オオアリドオシの葉裏
 日本ではアリドオシの亜種してと分類されている。ただし、Flora of Chinaの解説では根が数珠状(moniliform)であり、違いがある。中国のものは数珠状になるのか不明。
 根が数珠状にならない。樹冠は枝が平面状に広がり、段を積み重ねた棚状になる。枝には曲がった短毛があり、古くなると取れる。長さ3~10㎜の鋭い刺が多数ある。葉は対生し、大小2形の葉が交互につく。葉身は長さ2~4㎝、幅1~2㎝の卵形。葉の基部に対生して大形の葉の長さの1/2以下の刺がつく。側脈は3~7対。葉柄は長さ1~4㎜。花は葉腋に1~2個つき、筒状漏斗形。花柄は長さ約1㎜。花冠は白色、筒部が長さ約11㎜、先が4裂する。裂片は三角形、長さ4~6㎜。苞は長さ0.5~1㎜。核果は直径5~10㎜の球形、冬に赤く熟し、春まで残ることもある。
 ホソバオオアリドオシ Damnacanthus indicus var. lancifoliusは葉が対生し、長さ2~5㎝、幅7~15㎜、大形と小形が交互につき、光沢がある。刺の長さは5~7㎜。花は枝先に、1~2個、花冠は長さ約10㎜、白色で4裂する。雄しべ4個、雌しべ1個。果実は球形、直径5~6㎜、赤く熟す。
 ジュズネノキ Damnacanthus macrophyllus は根が数珠状で、刺がほとんどない。(Flora of Chinaでは枝の刺は長さ2~3㎜)。葉柄は長さ1~2㎜。葉は長さ3~6(8)、幅1~2.5(3)㎝、側脈は3~ 4(7)対。stipulesは永存性、長さ0.3~1㎜。花柄は長さ1~2㎜。花冠は筒部長さ8(~13)㎜、裂片は長さ約2㎜。核果は直径約6㎜。果柄は長くなる。
 アリドオシ Damnacanthus indicus var. indicus は葉が短く、刺の長さが葉の1/2より長いものがある。
 ホソバアリドオシ Damnacanthus angustifolius は台湾に分布する。葉柄は長さ1.5~5㎜。葉は細く、長さ5~14㎝、幅0.5~3㎝。 托葉は早落性、葉柄間につき、三角状~さじ状、長さ0.5~1㎜、無毛、鋭頭又は腺状の縁毛がつく。花柄は長さ2~5㎜。萼は無毛花床筒は一部こま状、長さ1.2~1.5m㎜。花冠は白色、筒部は長さ6~8㎜、裂片は三角形、長さ2~2.5㎜。核果は扁球形、長さ約4㎜、幅約6㎜
[花期] 5月 (果期 11月~1月)
[樹高] 50~100㎝
[生活型] 常緑小低木
[生育場所] 林下
[分布] 在来種 本州(関東地方以西)、四国、九州、朝鮮、中国
[撮影] 新城市   15.5.22
TOP Back