オニシオガマ  鬼塩竃
[学名] Pedicularis nipponica Makino
ハマウツボ科 Orobanchaceae  シオガマギク属
三河の植物観察
オニシオガマの花序
オニシオガマの花
オニシオガマの花2
オニシオガマ
オニシオガマの葉
 和名の由来はシオガマギク属では大型で毛が多いことから。 科はゴマノハグサ科からハマウツボ科に移動された。
 茎は太く、茎や葉など全体に白い軟毛が密生する。葉は根元に大きな葉が集まってつき、長卵形、羽状に全裂する。茎葉は全裂せず、縁は鋸歯状で、上部ほど小さくなり、苞へと続く。花は長さ3.5~4㎝の唇形花。淡赤紫色、まれに白花もある。花冠の上唇は舟形、下唇は3裂する。
[花期] 8~9月
[草丈] 30~70㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地の湿った林内、林縁
[分布] 在来種(日本固有種) 本州(中部地方以北)の日本海側
[撮影] 栂池自然園  07.7.27
TOP Back