オニシバリ  鬼縛り
[別名] ナツボウズ
[中国名] 东北瑞香 dong bei rui xiang
[学名] Daphne pseudo-mezereum A. Gray.
ジンチョウゲ科 Thymelaeaceae  ジンチョウゲ属
オニシバリ果実
オニシバリ葉
オニシバリ
 ジンチョウゲ属の低木。夏に落葉するため、別名、ナツボウズと呼ばれる。
低木、高さ(15~40)50~100㎝。古い茎は葉痕が大きく、近接。枝は短く、丈夫、平滑、不規則な縞があり、無毛。葉は互生。葉柄は長さ3~10㎜。葉身は披針形~長楕円状披針形、長さ (3~)4~10㎝、幅0.8~2㎝、膜質、両面とも無毛、基部は楔形、先は鈍形、側脈は8~12対、縁近くは網目状。雌雄異株。花序は頂生、主に、ごく短い側シュー上に、花が2~10個、束生する。花は黄緑色。花序柄は無い。苞は無い。花柄はごく短い。雄しべは8個、下側の輪の雄しべは咢筒の中間につく。上側の輪の雄しべはのど部につく。花盤は環状。核果は赤色、卵形、長さ5~8㎜。花期は2~4月。果期は5~7(8)月。
[花期] 2~4月
[樹高] 50~100㎝
[生活型] 落葉小低木
[生育場所] 海岸の草地
[分布] 在来種  本州、(東北~東海東部の太平洋岸、近畿地方以西)、四国、九州、朝鮮、中国
[撮影] 伊豆堂ヶ島   04.5.29
TOP Back