オキナグサ  翁草
[中国名] 朝鲜白头翁 chao xian bai tou weng
[学名] Pulsatilla cernua (Thunb.) Bercht. et C.Presl
キンポウゲ科 Ranunculaceae  オキナグサ属
三河の植物観察
オキナグサの花
オキナグサの花横
オキナグサの痩果
オキナグサの葉
オキナグサ
オキナグサ葉
 和名の由来は果時に白毛が伸び、老人の白髪のように見えることから。朝鮮、中国に分布するチョウセンオキナグサPulsatilla cernua var. koreana (=Pulsatilla koreana)を同一種とする見解が普通である。絶滅危惧種に指定されている。
 根茎は幅5~7㎜と太く、地中に深い根を伸ばす。根茎から根出葉を束生し、葉身は長さ3~7.8㎝、幅4.4~6.5㎝の卵形、1~2回羽状複葉、小葉は深裂し、さらに切れ込みがある。葉柄は長さ4.5~14㎝。茎葉は3個、輪生し、無柄、裂片は幅1.5~2.2㎜、線形~披針形。花茎は2.5~6(10)㎝、果期には30~40㎝に伸びる。葉や花茎など全体的に白色の長毛におおわれる。茎頂に1個の花を下向きにつけ、後に上向きになる。花は暗赤紫色、花弁は無く、花弁にみえるのは萼片、6個つき、長さ1.8~3㎝、幅0.6~1.2㎝、長楕円形~卵状惰円形、外面に白色の長毛が密生する。雄しべは多数つき、萼片の長さの約1/2、葯は黄色。花は実を結ぶ段階では直径6~8㎝になる。雌しべ多数。果実は痩果、花後に花柱が残存し、長さ約4㎝の1本の白毛になる。痩果は長さ約3㎜。
  ヒロハオキナグサPulsatilla chinensis は中国、朝鮮、ロシアに分布し、中国名は白头翁( bai tou weng)。葉の裂片の幅が広く、花も大きい。
[花期] 4~5月
[草丈] 14~28(40)㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 日当たりのよい草地
[分布] 在来種 本州、四国、九州、朝鮮、中国
[撮影] 豊橋市(植栽)  15.3.24
           15.5.1(痩果)
TOP Back