オガルカヤ  雄刈萱
[別名] スズメカルカヤ、カルカヤ
[中国名] 橘草 ju cao
[学名] Cymbopogon tortilis (Presl) Hitchc. var. goeringii (Steud. ) Hand.-Mazz.
Cymbopogon goeringii (Steudel) A. Camus
イネ科 Poaceae  オガルカヤ属
三河の植物観察
オガルカヤの穂
オガルカヤの花序の総
オガルカヤの茎
オガルカヤの果実
オガルカヤ
オガルカヤ苞と2個の枝
オガルカヤ小穂
オガルカヤ熟した両性小穂
 メガルカヤに対してオガルカヤの名がつけられている。別名はスズメがくっついているように見えることによる。
 根茎は短い。茎は無毛、平滑、細くて硬く、叢生する。葉は細く、長さ15~40㎝、幅3~5㎜、縁が外側にゆるく巻く。葉舌は長さ1~3(4.5)㎜の三角状。葉鞘は平滑、淡褐色になり、節間より短い。茎の上部に多数の花序をつける。花序は舟形の苞の先に2個の枝(総)を左右に開いて小穂を数個ずつつける特徴的な形である。各枝(総)の最下の小穂は有梗の雄性小穂、1対と、無梗の両性小穂、1個をつける。その他は雄性小穂と両性小穂を1個ずつつける。雄性小穂は長さ4~6.5㎜、花梗には白毛が密生する。両性小穂は長さ4.5~6㎜、基部に毛がある。両性小穂の第1苞頴は左右の縁が竜骨状になり、広い翼があり、先が2裂する。第2苞頴は小さい。護頴、内頴は膜質。護頴の先は2裂し、長さ1~2㎝の芒がつく。果実は長さ2.5~3㎜の長楕円形、褐色。2n=20。
[花期] 8~11月
[草丈] 50~100㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 丘陵、河原の土手
[分布] 在来種  本州、四国、九州、沖縄、朝鮮、中国、台湾
[撮影] 幡豆町  07.9.22
TOP Back