オガラバナ   麻幹花
[別名] ホザキカエデ
[中国名] 花楷枫 hua kai feng
[学名] Acer ukurunduense Trautv. et Meyer.
ムクロジ科 Sapindaceae  カエデ属
三河の植物観察
オガラバナ花
オガラバナ葉
オガラバナ
 カエデ科 は現在のAPG分類ではムクロジ科に含められた。
 和名は麻幹(オガラ=皮を剥いだ麻の幹)のように柔らかいことから。別名は花が穂状になるため。葉は対生で、ほぼ円形に近く、掌状に5~7裂し、基部は心形。縁には欠刻状の鋸歯がある。表面に短毛があり、裏面には灰白色の毛が密生する。葉柄は長く、赤みを帯びる。雌雄同株。花は枝先に円柱状の花序を直立し、黄緑色の小さな花を多数付ける。雄花だけの花序と雄花と両性花が混ざる花序がある。花弁は細く目立たない。雄花では雄しべの方が花弁より長い。2n=26
[花期] 6~7月
[樹高] 3~10m
[生活型] 落葉低木
[生育場所] 亜高山帯
[分布] 在来種 北海道、本州(中部以北)、朝鮮、中国、ロシア
[撮影] 栂池自然園  07.7.27
TOP Back