ヌマガヤ  沼茅
[中国名] 拟麦氏草 ni mai shi cao
[学名] Moliniopsis japonica (Hack.) Hayata
Molinia japonica Hack.
イネ科 Paceae  ヌマガヤ属
三河の植物観察
ヌマガヤの穂
ヌマガヤの小穂
ヌマガヤ
ヌマガヤの小花、苞頴
 貧栄養性湿地に生育する代表種の1つであり、三河の湿原には多い。保護湿地で増えすぎ、刈り取り作業の主な対象となることも多い。
 地下茎は太くて短く、茎は直立する。葉は長さ30~60㎝、幅3~14㎜の線形。葉舌は長さ0.5~1㎜。円錐花序は長さ10~40㎝。小穂は長さ6.5~10㎜、(2)3~6個の小花がつく(拡大写真は2個の小花)。苞頴には3脈がある。第1苞頴は長さ2~4㎜の卵形。第2苞頴は長さ3~5㎜。基毛は長さ1~2㎜。護頴は長さ4~7㎜の卵状惰円形、3脈は目立たない。葯は長さ2~3㎜。2n=50
[花期] 8~10月
[草丈] 40~100㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 湿地、湿原
[分布] 在来種 日本全土、朝鮮、中国、サハリン
[撮影] 矢並湿地   06.10.8
TOP Back