ヌカボ  糠穂
[学名] Agrostis clavata Trin. subsp. matsumurae (Hack. ex Honda) Tateoka
イネ科 Poaceae  ヌカボ属(コヌカグサ属)
三河の植物観察
ヌカボの花序
ヌカボの熟してきた小穂
ヌカボの葉舌
ヌカボの果実
ヌカボ
ヤマヌカボの小穂
ヤマヌカボの護頴
 茎は叢生して直立する。葉は幅2~5㎜、平滑で無毛。葉舌は長さ約2㎜、切形。全体の1/3長以下の小さな花序を茎の先につける。花序は穂状に近く、花序の枝は茎に沿って直立~斜上する。花序の枝の基部から小穂をつけ、果期にも枝はほとんど開出しない。花序軸や枝に上向きの小歯があり、ざらつく。小穂は1小花のみからなり、長さ1.8~2(実測2~2.2)㎜、紫色を帯びることがある。小穂の第1苞穎は第2苞穎よりやや長く、小花は苞穎より短い。小穂が熟してくると第1苞頴が開き、その後、第2苞頴も開き、護頴に包まれた果実が落ち、苞頴は残る。護頴は薄膜質、5脈があり、芒はない。内頴が護頴の長さの1/3より短いか又は無い。果実(頴果)は長さ0.9~1.1(実測1~1.1)㎜の乳褐色、腹部が窪む。
 類似のヤマヌカボは花序の枝が長く、やや開出し、花序の枝は基部近くに小穂がつかない。また、苞頴や葯が紫色を帯びることが多い。ヌカボと稔性のある雑種をつくるという報告もあり、判別が難しい。ヌカボとヤマヌカボを亜種に分けない見解もある。Flora of China もこの見解であり、ヤマヌカボに含めている。
 帰化種のハイコヌカグサは茎の基部が長く這い、狭長な円錐花序に淡紫褐色の小穂を密につける。
[花期] 5~6月
[草丈] 30~70㎝
[生活型] 1・2年草
[生育場所] 道端、畑地、原野、丘陵地
[分布] 在来種 北海道、本州、四国、九州、沖縄、朝鮮、中国
[撮影] 西尾市(幡豆町) 12.5.28
TOP Back