ノビル  野蒜
[中国名] 薤白 xie bai
[英名] Chinese garlic, Japanese garlic
[学名] Allium macrostemon Bunge
Allium grayi Regel
ヒガンバナ科 Amaryllidaceae  ネギ属
三河の植物観察
ノビルの蕾
ノビルの花
ノビルの花横
ノビルの珠芽
ノビルの根
ノビル
ノビル花2
ノビル花3
 ネギ属はユリ科からヒガンバナ科(ネギ亜科)へ移された。
 ネギ属であり、ネギと同じように食用になる。花茎の上部は硬く食べられないが、根に近い鱗形は直径0.7~1.5(2)㎝の球形で、白く、美味い。茎葉は下部だけに2、3個つく。花序は花茎の先につき、初め、薄い膜質の2個の苞に包まれ、先が尖り、開花するよう開く。開く前の小型のねぎ坊主の形で目にすることが多い。花は長い柄があり、散形状につき、花と混じり、珠芽(むかご)がつく。珠芽ばかりのときもよくある。花被片は4~5.5㎜、幅1.2~2㎜、 わずかに紫色を帯びた白色、内花被片3個、外花被片3個の6個あり、淡紫色の筋が見える。内花被片の方が外花被片よりやや小さい。雄しべ6個。葯は淡紫色。子房は3室。2n=16,24,32,40,48
[花期] 5~6月
[草丈] 30~70㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 道端、草地、畑
[分布] 在来種 日本全土、朝鮮、中国、台湾、ロシア、モンゴル
[撮影] 蒲郡市 07.5.26
TOP Back