ノビネチドリ  延根千鳥
[学名] Gymnadenia camtschatica (Cham.) Miyabe et Kudo
ラン科 Orchidaceae テガタチドリ属
三河の植物観察
ノビネチドリの花
ノビネチドリの花
ノビネチドリの花
ノビネチドリ
ノビネチドリ葉
 川の中の砂地に咲いていたものであり、翌年には見られなくなった。
 和名の由来は根が横に延びることから。葉は5~10枚つき、長さ7~15㎝の楕円形~狭長楕円形、3脈が目立ち、縁が波状に縮れる。葉の基部は茎を抱く。花は総状花序に多数つく。萼片は3個、側花弁より大きい。唇弁の先は3裂する。距は長さ3~4㎜、前に曲がる。2n=40
[花期] 5~7月
[草丈] 30~60㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山野内
[分布] 在来種  北海道、本州、四国、九州、朝鮮、ロシア
[撮影] 稲武町 03.5.24
TOP Back