ニワウメ  庭梅
[中国名]

郁李 yu li

[英名] Chinese bush cherry , Chinese plumtree , Japanese bush cherry , Japanese almond cherry
[学名] Cerasus japonica (Thunb.) Loisel. var. japonica
Microcerasus japonica (Thunb.) M.Roem.
Prunus japonica Thunb. [basionym]
Prunus japonica Thunb. var. japonica
バラ科 Rosaceae  サクラ属
三河の植物観察
ニワウメの花
ニワウメの雌しべ、雄しべ
ニワウメの蕾
ニワウメの若葉
ニワウメの果実2
ニワウメの果実
ニワウメの幹
ニワウメ
ニワウメ2
ニワウメ葉
ニワウメの鋸歯
 古い時代に中国から渡来したといわれている栽培種である。学名はFlora of Chinaではサクラ属 Cerasus とし、Cerasus japonicaを採用し、ニワウメ var. japonica と チョウセンニワウメ var. nakaii に分けている。ニワザクラ属 Microcerasusとする見解もある。
 株立ちし、灌木状になる。枝は灰褐色、若枝は緑色~緑褐色。冬芽は卵形、無毛。側芽は3個並んでつく。托葉は長さ4~6㎜、線形、縁が腺点のある鋸歯状。葉柄は長さ2~3㎜。葉は長さ3~7㎝、幅1.5~2.5㎝、卵形~卵状被針形、縁は細かい重鋸歯、葉先は尖り、基部は円形。葉表は暗緑色、無毛、葉裏は淡緑色、無毛~脈上に毛がある。側脈は5~8対。花は単生~3個以下の束生。葉の展開前か同時に開花する。小花柄は長さ0.5~1㎝。花托筒はこま形、 長さ2.5~3㎜、幅2.5~3㎜、外面は無毛。萼片は楕円形、わずかに花托筒より長く、細鋸歯縁、円頭。花は直径約1.3㎝、5花弁。花弁は倒卵状楕円形、普通、淡紅色、まれに白色。雄しべは約32個。花柱はほぼ雄しべと同長。果実は直径約1㎝、6~7月に濃赤色~暗赤色に熟し、食べられる。
 チョウセンニワウメ var. nakaii は中国、朝鮮に分布し、中国名は长梗郁李( chang geng yu li )。葉柄は長さ3~5㎜、葉縁の鋸歯が深く、小花柄が長さ1~2㎝と長い。
 ユスラウメ Cerasus tomentosa  は中国原産、中国名は毛樱桃( mao ying tao )。葉は倒卵形、葉表にも細かい毛があり、縁は単鋸歯。葉柄は長さ2~8㎜、有毛。花は直径1.5~2㎝、白色~淡紅色。雄しべは20~25個、花弁より短い。小花柄はほとんど無く、長さ0~2.5㎜。果実は(5)10~12㎜、6月に紅色に熟し、食べられる。
[花期] 3~5月
[樹高] 1~1.5m
[生活型] 落葉低木
[生育場所] 果樹園、公園、庭
[分布] 帰化種 中国、朝鮮原産
[撮影] 豊橋市  15.3.24
TOP Back