ニワホコリ  庭埃
[中国名] 多秆画眉草 duo gan hua mei cao .
[学名] Eragrostis multicaulis Steud.
イネ科 Poaceae  スズメガヤ属
三河の植物観察
ニワホコリ小穂
ニワホコリ葉
ニワホコリ
ニワホコリ果実
 和名は花穂がほこりのように見えることから。茎は細く、曲がりやすく、上部は直立する。葉は長さ5~12㎝、幅2~3㎜の線状披針形。葉舌は短毛状。葉鞘の口部は無毛。長さ6~10㎝の円錐花序に淡赤紫色の小穂をまばらにつける。苞頴は幅が狭く、第1苞頴は短い。小穂は長さ3.5~4㎜で、4~8個の小花がつく。小花は卵形で長さ約1.5㎜。内頴は膜質で、果実が熟すと落ちやすい。果実は長さ0.6~0.8㎜の狭卵形、鈍頭。2n=40。
 やや大型のオオニワホコリは葉鞘の口部に長毛が生え、花序の節に長い軟毛が生える。
[花期] 7~9月
[草丈] 15~30㎝
[生活型] 1年草
[生育場所] 日当たりのよい道端、草地
[分布] 在来種  日本全土、中国、インド、西アジア
[撮影] 幸田町  11.7.10
TOP Back