ゼンテイカ  禅庭花
[別名] ニッコウキスゲ
[学名] Hemerocallis dumortieri Morr. var. esculenta (Koidz.) Kitam.
Hemerocallis esculenta Koidz.
ツルボラン科  Asphodelaceae  ワスレグサ属
三河の植物観察
ニッコウキスゲの花序
ニッコウキスゲの花
ニッコウキスゲの花横
ニッコウキスゲの葉
ニッコウキスゲ
ニッコウキスゲ群落
 よく名の知られたニッコウキスゲはゼンテイカの別名。ススキノキ科は旧ユリ科から分割された。APGⅣ(2016年)でススキノキ科(Xanthorrhoeaceae)からツルボラン科 (Asphodelaceae) に改められた。
 葉は長さ60~70㎝、幅約2㎝の線形。茎の先端に、花柄のある直径約10㎝の花を数個つける。花被片は6個、長さ7~8㎝、橙黄色。朝開いて夕方にしぼむ。霧ケ峰高原はニッコウキスゲの大群落で特に有名である。
  基準母種はヒメカンゾウといい、北海道、本州、中国、ロシアに分布し、中国名は小萱草(xiao xuan cao)であり、 やや小型。類似種にトビシマカンゾウ var.exaltata や ムサシキスゲ var. esculenta form. musashiensis がある。
[花期] 7~8月
[草丈] 60~80㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地の草原、海岸
[分布] 在来種 北海道、本州(中部地方以北)、サハリン
[撮影] 霧ケ峰高原    03.8.8
TOP Back