ニガイチゴ  苦苺
[別名] ゴガツイチゴ 五月苺
[学名] Rubus microphyllus L. f. var. microphyllus
Rubus incisus Thunberg
バラ科 Rosaceae  キイチゴ属
三河の植物観察
ニガイチゴの花
ニガイチゴの蕾
ニガイチゴの果実
ニガイチゴの葉2
ニガイチゴ茎
ニガイチゴ
ニガイチゴ葉表
ニガイチゴ葉裏
 和名は実が苦いことに由来し、別名は苺が5月に赤くなることから。真っ赤に熟すと美味そうに見える。食べられるが、苦味が残るものがある。
 茎や枝は粉白色になり、細い刺がある。葉は互生し、長さ6~10㎝の広卵形、葉裏は粉白色。葉は3裂するが、切れ込みに変化が多く、深く3裂する場合や切れ込みが全くない場合がある。開花期の花枝の葉は切れ込みがほとんどないことも多く、長さ2~5㎝、先が円頭~鈍頭になることが多い。縁にある不揃いの鋸歯の深さにも変化が多い。葉柄は赤色を帯び、刺がある。托葉は長さ約5㎜の線形。花は白色の5弁花、直径2~2.5㎝。花弁は細く、花弁の間の隙間が目立つ。萼片は5個、先が鋭く尖り、綿毛がある。托葉は長さ約5㎜の線形。集合果は直径約1㎝の球形、赤く熟す。2n=14。
[花期] 4~5月
[樹高] 50~100㎝
[生活型] 落葉低木
[生育場所] 日当たりの良い林縁
[分布] 在来種(日本固有種) 本州・四国・九州(霧島山以北)
[撮影] 五井山 02.4.20   果実 新城市05.6.4
TOP Back