ネコノシタ  猫の舌
[別名] ハマグルマ  浜車
中国名] 卤地菊 lu di ju
[学名] Melanthera prostrata (Hemsl.) W.L.Wagner et H.Rob.
Wedelia prostrata (Hook. et Arn.) Hemsl.
キク科 Asteraceae (Compositae)  ハマグルマ属
三河の植物観察
ネコノシタの花
ネコノシタの花横
ネコノシタの筒状花
ネコノシタの総苞
ネコノシタの果実
ネコノシタの葉の剛毛
ネコノシタ
ネコノシタ果実
ネコノシタ葉
ネコノシタ茎
 和名の由来は葉がザラザラしていて触った感触が猫の舌に似ていることから。
 茎は直径約5㎜、下向きの小刺があり、砂上を這って蔓状に長く伸び、先が立ち上がる。葉は対生し、長さ1.5~4.5㎝、幅0.4~1.5㎝。葉の質は厚く、短い剛毛が両面にある。花柄は長さ1~7㎝。頭花は分枝した枝先に1個ずつつき、直径約2㎝、黄色。総苞は長さ10~12㎜、総苞片はほぼ1列。舌状花は雌性、4~8個つき、筒状花は両性、多数つく。花は7月から9月に咲くのが普通だが、6月初め頃に、匍匐茎の先に1個だけやや大きめの頭花をつけることもある。痩果は長さ3.5~4㎜、幅約2㎜、頭部に短い剛毛が密生し、剛毛よりやや長い刺状の冠毛が0~2個つき、3~4稜がある。海岸の砂浜に生えるハマゴウ、コウボウシバ、ハマヒルガオなどと同様に痩果は海流散布される。2n=30
[花期] 7~10月
[草丈] 地を這う(10~50㎝)
[生活型] 多年草
[生育場所] 海岸の砂地
[分布] 在来種 本州(関東地方以西)、四国、九州、沖縄、朝鮮、中国、台湾、タイ、ベトナム
[撮影] 渥美半島恋路が浜   05.9.13 , 07.6.4
TOP Back