ナンテン  南天
[中国名] 南天竹 nan tian zhu
[英名] Chinese-bamboo, heavenly-bamboo, nandina, sacred-bambo
[学名] Nandina domestica Tumb.
メギ科 Berberridaceae  ナンテン属
三河の植物観察
ナンテンの蕾
ナンテンの花
ナンテンの花後
ナンテンの果実拡大
ナンテンの果実拡大
ナンテン種子
ナンテン
ナンテン果実
ナンテン葉
 日本の山野に自生し、天然記念物となっているところがある。庭木としてよく植えられ、逸出したものの方が多いといわれ、中国から古く、渡来したものともいわれている。写真は山の中にあったが、周囲の竹藪などの状況から、逸出品と思われる。
 幹には縦の割れ目があり、刺は無い。葉は互生し、3出羽状複葉。葉軸や小葉軸が関節状になる。小葉は先が尖り、基部は楔形、全縁。托葉はない。花は大きな散形花序に多数つく。花は白色、直径6~7㎜。萼片は3個ずつ輪状に多数(確認したものは12輪)つき、内側の2輪が6個の花弁状になり、花が開くと外側の萼片は先に落ちる。外側の萼片ほど小さい。雄しべは6個。雌しべの花柱は短く、子房は大きい。花が終わると萼片と雄しべは全て落ち、柱頭が赤くなることもある。果実は直径6~7㎜の球形の液果で、赤く熟す。種子は直径約5㎜の中が窪んだ半球形、淡褐色。2n=20
[花期] 5~6月
[樹高] 1~3m
[生活型] 常緑低木
[生育場所] 山野
[分布] 在来種 本州(茨城県以西)、四国、九州、中国、インド
[撮影] 蒲郡市  05.11.26
TOP Back