ナンバンハコベ  南蛮繁縷
[別名] ツルセンノウ
[英名] Japanese berry catchfly
[学名] Silene baccifera (L.) Roth var. japonica (Miq.) H.Ohashi et H.Nakai
Silene baccifera (L.) Roth   (広義)
Cucubalus baccifer L. var. japonicus Miq.
Cucubalus baccifer auct. non L.
ナデシコ科  Caryophyllaceae   ナンバンハコベ属
三河の植物観察
ナンバンハコベの花
ナンバンハコベの花横
ナンバンハコベの花裏
ナンバンハコベの果実
ナンバンハコベの葉裏の毛
ナンバンハコベの茎
ナンバンハコベ
ナンバンハコベ葉表
ナンバンハコベ葉裏
ナンバンハコベ種子
 花の形が異国風という意味から南蛮と名がついているが、帰化植物ではない。三河では奥三河の山道沿いで見られる。var. japonica とvar. baccifera を区別せず、広義に扱うことが多い。
 茎は短毛があり、つる状、分枝して1m以上に伸びる。葉は対生し、長さ1.5~5㎝、幅0.8~2㎝の卵形、全縁。葉縁、葉裏に短毛が多い。葉柄は長さ3~5㎜。花は長柄の先に横向き~下向きに咲き、半球形の萼筒が特徴である。萼は長さ9~11㎜の広鐘形、裂片は5個、三角状卵形。果期には萼は平開する。花弁は5個で、離れてつき、長さ15㎜、爪部(基部の細い部分)があり、舷部(幅広の部分)の途中で折れ曲がり、先が2裂する。雄しべ10個。花柱は線形、3個。果実(蒴果)は長さ8~10㎜、幅6~8㎜の卵形、黒く熟す。種子は長さ1.7~1.9㎜、幅1.4~1.6㎜の腎形、暗褐色~黒色。2n=24
 タカネナンバンハコベ var. baccifera は朝鮮、中国、台湾、ロシア、ネパール、ブータン、ヨーロッパに分布する。中国名は狗筋蔓(gou jin wan)。2n=24。
[花期] 6~10月
[草丈] つる状
[生活型] 多年草
[生育場所] 山野
[分布] 在来種  北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国、ロシア、千島、サハリン
[撮影] 豊田市  03.8.24
TOP Back