ナギナタガヤ  長刀茅
[別名] ネズミノシッポ
[中国名] 鼠茅 shu mao
[英名] rat-tail fescue , rattail fescue , foxtail fescue
[学名] Vulpia myuros(L.) C.C.Gmel.
Vulpia myuros (L.) C. C. Gmel. var. hirsuta Hack.
Festuca myuros L.
イネ科  Poaceae ナギナタガヤ属
三河の植物観察
ナギナタガヤの小穂
ナギナタガヤの茎
ナギナタガヤの包頴
ナギナタガヤの護頴の芒
ナギナタガヤの果実
ナギナタガヤ
ナギナタガヤ小穂
ナギナタガヤ小花
 日本には明治時代に牧草として導入され、本州、四国、九州に帰化し、空地や草地で普通に見られる。最近は果樹園などの雑草を抑える草として注目されている。草刈り作業、除草剤散布作業を軽減できる。秋に種をまき、冬から春に成長して果樹の下で繁り、枯れて有機物の補給源にもなる。三河地域でも柿畑などで使用されている。
 和名は小穂が一方向に並んでつくことによる。
 茎は細くて堅く、光沢がある。葉は有毛で、粉白色、縁が内巻きになり、幅約1㎜の糸状。葉舌は0.8~1㎜。葉鞘は無毛。円錐花序は長さ4~25㎝、幅2㎝以下、片側に傾き、薙刀のように見える。小穂は長さ5~11.5㎜、3~6個の小花をもつ。第1苞穎は短く、第2苞穎の長さの1/2以下である(第1苞穎:<1.5㎜ 第2苞穎:2.5~5.5㎜)。護穎は長さ4.5~6.5㎜、短毛があり、竜骨は不明瞭、先が伸びて5~15㎜の芒となる。内頴は腹部が窪む。果実は長さ3.5~4.5㎜、腹部が窪む。2n=42
 オオナギナタガヤは護穎の縁に長さ約0.5㎜の長毛がある。これを同一種とし、区別しない説がある。イヌナギナタガヤは第1苞穎の長さが第2苞穎の長さの1/2以上あり差が少ない。いずれも帰化種である。
[花期] 5~6月
[草丈] 10~70㎝
[生活型] 1年草
[生育場所] 乾いた荒地、道端、草地
[分布] 帰化種 ヨーロッパ、地中海沿岸原産
[撮影] 幡豆町  06.5.27
TOP Back