ナガハシスミレ  長嘴菫
[別名] テングスミレ
[英名] longspur violet
[学名] Viola rostrata Pursh var. japonica (W. Becker et H. Boiss.) Ohwi.
Viola rostrata Pursh
スミレ科 Violaceae  スミレ属
三河の植物観察
ナガハシスミレの花
ナガハシスミレの距
ナガハシスミレの葉
ナガハシスミレ
 基準変種 var. rostrata は北アメリカ東部に分布し、long-spur violet という。
 和名は距が長いことに由来する。最大の特徴はなんといっても距の長さである。日本海側の典型的なものよりやや短め。葉は長さ2~5㎝の心形で、若葉の鋸歯は深くはっきりしている。花は直径1.5㎝、花の中心部の白い部分がタチツボスミレより大きく目立つ。距は少なくとも花弁より長い。
[花期] 4~5月
[草丈] 10~20㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 人家近くの山野
[分布] 在来種(日本固有変種) 北海道(南部)、本州(鳥取県以北)の日本海側、太平洋岸にも隔離分布
[撮影] 瀬戸市  04.4.3
TOP Back